確定拠出年金,iDeCo
(写真=PIXTA)

2017年1月から法改正により、大幅に加入対象者が増えたiDeCo(個人型確定拠出年金)は、対象者は2600万人増加するとも言われている。NISAにはない所得控除があるため、毎月5000円以上の掛金で将来の資産形成に大きく役立つ制度である。冒頭で簡単にiDeCoのメリットを紹介する。

1. 所得税、住民税が安い 掛金が全額所得控除

iDeCoの掛金は「全額所得控除」になる。会社で企業型DC(確定拠出年金)・DB(確定給付企業年金、厚生年金基金)に加入していないサラリーマン等の場合には、月額2万3000円、年額27万6000円がiDeCoの拠出限度額となる。(企業年金のない会社の経営者、勤務するサラリーマンの場合)。そしてこの掛金の全額が所得控除となる。年間の所得が330万円超695万円以下の者であれば、8万2800円が非課税となる。(所得税20%、住民税10%として計算)。NISAには所得控除が無く、NISAと比較してもiDeCoの有利な制度である。

2. 運用益に税金がかからない 非課税

iDeCo、NISA共に運用した利益に対して、通常20%かかる税金がかからない。NISAの上限金額600万円(年間120万円×5年)の10%、60万円の運用益があった場合、通常の20%の課税口座よりもiDeCo、NISAともに12万円のメリットが得られるわけだ(復興特別所得税は考慮せず)。

3. 運用期間 30歳ならば30年の積立可能、金額は828万円にも

iDeCoの運用期間は「60歳までの積立て」となっており、その運用期間は年齢によって異なっている。30歳であれば今後30年間の拠出が可能となり、仮に年間27万6000円の拠出可能な者は30年間で、「828万円」もの老後のための資産形成が可能となる(自身の年齢と拠出額によって金額は変化する)。

ほかに、一時金で給付を受けた場合、退職金として「退職所得控除」が受けられる。年金で給付を受ける場合は「公的年金控除」が受けられる。ただし、公務員など国民年金に加え厚生年金も受け取る資格のある者は、iDeCo以外の年金で退職所得控除の金額をオーバーしたり、公的年金控除額をオーバーしているケースも考えられ、iDeCoへの追加加入でこの部分のメリットがない場合も考えられるため、注意は必要だ。

iDeCoでも王道は低コスト運用

iDeCoの運用等を行う運営管理機関(金融機関)は155社である(2016年10月1日現在。国民年金基金確定拠出年金部ヒアリング)。どこを選ぶべきかは重要なポイントだ。iDeCoを紹介した書籍や記事には、「商品ラインナップから」金融機関を決めましょう、とされているものが多い。しかし筆者の判断は「一番初めに運用対象のコストチェックを行う」である。

同じ金融機関の中でも、DC向け外国株式のインデックス型の信託報酬が0.2268%のものがある一方で、アクティブ型1.458%の設定がされているものもある。同じ外国株式の投資対象でも、信託報酬が6倍強も変わってくるのだから驚きだ。

さらに、この2銘柄の1年リターンを比較すると、インデックス型が1.41%、アクティブ型を上回っていた。いつも必ずインデックス型の運用が優位かと言えば、そうは言い切れない面もある。しかし、「低コスト」は投資家がコントロールできる、「運用リターンを上昇させるカギ」であると筆者は言い続けている。

選んではいけない金融機関も

投資運用を行う前提(元本確保型商品は除外)、低コストのインデックス運用が王道であるとの前提で、あるiDeCoガイドのサイトに掲載されていた58社の信託報酬0.40%未満の投資信託の商品のカテゴリーとラインナップを調査した。

筆者は独立系アドバイザーであり、系列や取引先とのしがらみが無いため定めたルール通りに判断する方針で臨んだ。すると、他の紹介記事やガイド本では紹介されていない、一部の地方の金融機関がランキングに食い込むという結果となった。

逆の事象も発生した。誰もが知っている金融機関で、「信託報酬0.40%未満」のラインナップが1本も無かった金融機関もあった。筆者はこれらの金融機関を選択すべきではないと考えている。60歳までの期間、毎月積み立てをするiDeCoにおいては、商品の選択、金融機関の選択により、「投資リターンが変わる」可能性が高い。投資家にはイメージよりも実際の実力を、「コストの視点で判断」した上で、このiDeCoのメリットを存分に活用して欲しいと思う。

安東隆司(あんどう・りゅうじ)
RIA JAPAN おカネ学株式会社代表取締役。CFP®ファイナンシャル・プランナー、元プライベート・バンカー。日米欧の銀行・証券・信託銀行に26年勤務後、独立。お客様サイドに立った助言を実践するためには高い手数料は弊害と考え、証券関連の手数料を受け取らない内閣総理大臣登録の「投資助言業」を経営。著書に『 iDeCo おしえてあげる 1時間でわかる版 』がある。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)