特集AI 人口知能がもたらす禍福 専門家たちの金言 3月株主優待特集 広告特集「太陽光投資」 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 DC特集
教育
エン・ジャパン
Written by ZUU online編集部 4,737記事

斬新な方法論で注目

これさえあればほぼ通じる!「20の基本動詞」とは?

40代からは「語彙を増やさない」!

40代から英語を学ぶことのハードルを高くしていたのは、「まずは暗記で語彙を増やすことが必須」という思い込みだったのかもしれない。「実は、わずか20の基本動詞で『伝わる英語』の第一歩は踏み出せる」という斬新な方法論で注目されている、ビジネス英語学習のカリスマコンサルタント・佐藤洋一氏にお話をうかがった。

日本人は難しい単語を使いすぎだった!?

英語習得を決意したものの、「さて、何から手をつけたらいいのだろうか?」と迷っている人は多いでしょう。そんな人たちにお勧めしたいのが、まずは中学・高校で習って知っている「手持ちの英単語」をいかに活用するかを考えることです。

たとえば、単語帳や辞書で「滞在する・駐在する」を調べると、resideやinhabitといった難しい単語が出てきます。高級で、ビジネスマンとしてふさわしい感じがする単語かもしれません。しかし、勉強を始めたばかりの人がこうした難しい単語を一生懸命覚えようとすると、挫折につながります。

しかも、ネイティブが実際にどういう単語を使っているかといえば、「stay at」とか「stay with」と言っていることが多いのです。stayという単語を知らない人はいないでしょう。

私は、博士論文のための研究で、英語でのミーティングを書き起こし、どのような単語が使われているのか分析したことがあります。その結果わかったことは、ネイティブが使っている単語はそれほど難しくないということ。そして、日本人のほうがむしろ難しい単語を使っているということでした。ネイティブがseeとかplayといった誰でも知っている簡単な単語を使う場面で、日本人はobservationとかactivityといった単語を使っていたのです。

ですから、最初から難しい単語やフレーズを覚えるのではなく、まずは知っている単語をうまく活かすことで、自分の言いたいことを表現する練習をしましょう。英語は言語学的には動詞中心の言語なので、とくに動詞が重要です。誰でも知っているわずか20の基本動詞(あとの表参照)を活用するだけで、かなりのことが表現できます。この方法なら、挫折もしにくいのではないでしょうか。実際、企業で長年教えていて、この方法で英語嫌いを克服した人をたくさん見てきました。

英語の「つぶやき」で発信力を鍛える

20の基本動詞をフル活用するためには、「使い方」をマスターすることが重要です。辞書の見出し語に載っているような意味だけでなく、コアのイメージを知らなくてはなりません。

たとえば、putは「置く」だと覚えている人がほとんどでしょう。しかし、コアとなるイメージは「(人やモノ、考え方を)変化させる」ということです。このイメージで覚えていると、砂糖をコーヒーに入れるのを「put in」と表現することを、違和感なく理解できるでしょう。

動詞だけでなく、in やon といった前置詞などのイメージも、最重要の9個をまずはしっかり覚えておきましょう(あとの表参照)。20の基本動詞にくっつけて使うことで、動詞の活用の幅を広げることができます。

そして、もう1つ、必要な発想の転換があります。それは、「日本語で考えたことを英語にしよう」としないこと。絶対に語彙が不足するからです。

「20の基本動詞を使って、自分が言いたいことを表現できないか」と考えるクセをつけましょう。これができれば表現力が飛躍的に上がっていきます。

具体的には「つぶやきトレーニング」がお勧めです。自分の今の状況を、英語でつぶやいてみるのです。その際に、20の基本動詞で言えないかを考えること。たとえば、朝、コーヒーを淹いれながら 「I make some coffee.」とつぶやく、といった感じです。

SNSでつぶやくのもいいでしょう。ツイッターやフェイスブックの言葉は比較的話し言葉に近いので、ちょうどいいと思います。

英語でつぶやけば、海外からの反応があるかもしれません。たとえば、お昼ご飯の写真をインスタグラムにアップして、「Please try it.(食べてみて)」と書き添えてみる。「○○のラーメンはお勧め。日本に来たときには絶対食べたほうがいいですよ」と日本語で考えて、それを英語にしようとしたら大変です。「Please try it.」というごく簡単な英文でも、海外の人にとっては興味深い日本食の紹介になります。

「日本の英語教育はダメだ」と頭ごなしに批判する人もいますが、実は、その英語教育のおかげで、私たちは英語の基本動詞にある程度なじんでいます。他の外国語を勉強しようと思ったらゼロからやり始めなければなりませんが、英語の場合は手持ちの英語力をベースに「やり直し」が効く。これは日本人英語学習者の多くにとってアドバンテージです。

(画像=The 21 online)
(画像=The 21 online)

佐藤洋一(さとう・よういち)英語学習コンサルタント
1983年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得満期退学。現在、東洋大学、青山学院大学、明星大学、放送大学で非常勤講師を務めるかたわら、関東、関西、北九州圏を中心に、日本国内のグローバル企業で英語学習コンサルティングを行なっている。朝日カルチャーセンターの講座も好評。「教育復興フォーラム」主催。主な著書に『第二言語習得論に基づく、もっとも効率的な英語学習法』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『英語は20の動詞で伝わる』(かんき出版)などがある。(取材・構成:川端隆人)(『The 21 online』2017年2月号より)

【関連記事 The 21 onlineより】
丸暗記不要! 英会話&英単語学習法
40代が10代の学生よりも英語力を急速に伸ばせる理由
「暴言王」トランプ氏の英語はなぜ米国人の心を捉えたのか?
「弱形」を知れば、英語は9割聴き取れる!
40代から始める 「ズルい英語学習法」

これさえあればほぼ通じる!「20の基本動詞」とは?
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 社会人の勉強スケジュールは「細かく決めない」こと
NEXT 40代から始める「ズルい英語学習法」