三井住友カードが小学校中学年から高学年をターゲットとした金融教育アプリ「ハロまね」をリリースした。無料で利用できる。ロールプレイングゲームをつくるアイデアもあったようだが、コンセプトの1つである「親子で会話をしながら、自然にお金を会話が弾む」という観点からアプリをしたという。アプリの機能や制作の狙いを聞いた。

主な機能は3つ「お小遣い帳」「銀行」「おてつだい」

まず「ハロまね」の主な機能は3つだ。お小遣いの収支・支出がグラフなどで目に見え、収支管理を学ぶことができる「お小遣い帳機能」。15カ月分の収支が記録として残るため、月々の運用の違いを比較することができる。大人にとっても、子どもに渡すお小遣いの管理ができ、家計の管理にもつながるというメリットもありそうだ。

三井住友カード,金融教育,金銭教育
(画像=Webサイトより)

そして、お金を架空の口座に入金し、円を預けたり、円をドルへ交換してドル預金したりできる「ハロまね銀行機能」。仮想の銀行なので実際には換金はできないが、為替相場を気にする機会にはなるだろう。

3つ目が、親子の触れ合いを高めながら働くことを体感させるための「おてつだい機能」。おてつだいした日をカレンダー表示したり、実施した内容をリスト表示したりできる。報酬の単価、内容などは任意で設定できる。

その他、子どもが毎日お金と触れ合うことができるように毎日ログインしたくなるような仕組みも組み込まれている。パズルのピースを貯めるとお金にちなんだキャラクターを集めることができる。子ども心をくすぐる仕組みもある。

親子がそれぞれ「おうちの方ユーザー」、「子供ユーザー」となり、子供が入力や申請をし、保護者が入力内容を閲覧・評価したり、申請を許可したりできる仕組みだ。

「教育・行政機関でも活用してほしい」

三井住友カード経営企画部の西野均部長は開発の狙いについて、「仮想通貨など目に見えないお金を使う機会が増えていくことが予想される。まずは基本となる収支バランスを子どもに身につけて、投資・金融を知ってもらうきっかけにしてほしかった」と語る。

「カード会社として、メインはやはりお小遣い機能」と語るのは同部の西岡由香梨氏だ。「使いやすさにこだわり、使いやすさを追求した」という。

haromane02_nishioka
西岡由香梨氏

西野氏はこのアプリについて「子どもに金融教育の伝え方が分からないという保護者だけでなく、教育、行政機関の方々にも金融教育としてぜひ活用して欲しい」と語る。

「大人が考えもしない使い方も子どもは考え出していくことも楽しみ」と西岡氏。リアルな声を活かしながらさらにアプリは進化していくだろう。

iOS9以降、Android OS4.4以降で利用できる。詳しくはApp Store、Google Play Storeなどで。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)