2016年に初の米ドル建て国債発行で175億ドル(約1.9兆円)を調達したサウジアラビアが、今度は95億ドル(約1.3兆円)相当のイスラム債券を発行した。

ムハンマド・ビン・サルマン副皇太子が引率する「ビジョン2030」の一環で、来年には国営石油会社、サウジアラムコの株式公開(IPO)も予定している。

昨年は初の海外国債発行で2兆円調達

サウジアラビア,石油,財政再建
(写真=Thinkstock/Getty Images)

サウジアラビアは原油安で悪化した財政再建対策の一環として、昨年10月に国際金融資本市場で175億ドルの国債を発行した。

5年債と10年債が各55億ドル、30年債が65億ドルという、新興国の債券発行史上最大規模となった。

米国債の利回りは、5年債が135bp(ベーシスポイント。1.35%のこと)、10年債が165bp、30年債が210bp。ブルームバーグが事情に詳しい関係者から得た情報によると、投資家からの買い注文は670億ドル(約7兆2768億円)に達したという。

続いて1兆円のイスラム債券を発行