「走るホテル」ともいえるJR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」が5月から、JR西日本の「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が6月から運行を始める。これで2013年から運行中しているJR九州の「ななつ星in九州」と合わせ、JRグループで3つの豪華寝台列車が日本列島を駆け巡ることになった。

長距離を走る寝台列車はかつて、全国を結んでいたが、高速バスに押されて次々に姿を消した。豪華観光列車としての復活は、新たな顧客として国内外の富裕層を開拓するとともに、人口減少にあえぐ沿線の活性化も狙っている。

瑞風は6月から山陰、山陽エリアを周遊

鉄道,寝台列車,地域活性化,地方創生
試験走行で岡山県新見市のJR新見駅に2016年11月、立ち寄った瑞風。まだ黒いラッピングに覆われている(岡山県新見市、大手國榮さん提供)

瑞風は10両編成で、定員約30人。6月17日からJR京都駅、大阪駅と山口県の下関駅を結び、途中の山陰、山陽エリアで沿線の立ち寄り観光を実施する。1泊2日と2泊3日のコースが設定され、決まった経路を走らない周遊型の運行スタイルを取る。

外観は深みのある緑色で、先代のトワイライトエクスプレスを思わせる懐かしいイメージ。キャッチフレーズは「美しい日本をホテルが走る」。著名なデザイナーが設計に加わった内装は、山口県産のシイなど沿線の木材をふんだんに使ったほか、島根県産の石州和紙を照明器具に採り入れるなど、文字通り高級ホテルのようだ。

両端に展望スペースがあり、走行中は最後尾の外側にあるデッキで沿線の風景を楽しめる。食堂車は沿線の食材を使い、最高級の料理を用意するほか、茶の湯を楽しめるラウンジを設ける。京都伝統の茶道具も車内で展示する。

6両はデラックスな個室寝台となる。このうち、1両は「ザ・スイート」でバストイレ付きの1室のみ、残り5両も1両当たり3室だけ。プライベートを守りながら、ぜいたくな旅を満喫できる。

6〜9月に走る列車には、2000件を超す申し込みがあった。平均倍率は5.5倍。旅行代金は1人当たり27万円から125万円とかなり高いが、既に完売しているという。JR西日本は「運行エリアにはまだ知られていない観光資源がある。瑞風での旅を通じて地域の良さを再発見してほしい」とPRしている。

四季島は5月から北関東、東北、北海道方面へ

四季島は10両編成で、定員34人。5月1日から運行に入り、東京のJR上野駅を起点に栃木県の日光や福島県の会津若松、北海道の函館などで途中下車して観光する。1泊2日と2泊3日、3泊4日のコースがあり、周遊型の運行スタイルを取るのは瑞風と同じだ。

10両のうち、4両にラウンジ、食堂車、展望スペースを設け、残り6両に客室17室を備えた。和とモダンを融合させた内装は豪華で、非日常感たっぷり。最上級の「四季島スイート」は畳を敷いた座敷が2階に広がり、掘りごたつや檜風呂を備えている。

料金は3泊4日コースで最高1人95万円(2人1室)。列車を使ったJR東日本の商品としては最高額だが、11月分までは定員を上回る申し込みがあるなど好調だ。JR東日本は「四季島が走ることを通じて東日本の魅力を掘り起こしていきたい」と意欲的に語った。

クルーズ船でぜいたくな船旅を楽しむように、周遊型の豪華な旅を実現する列車をクルーズトレインと呼ぶ。西ヨーロッパとバルカン半島を結ぶ往年のオリエント急行がその代表だが、国内で先鞭をつけたのはJR九州のななつ星だ。

ななつ星は運行開始から2017年2月末までで計309本を運行し、延べ約8400人の乗客を集めた。平均倍率は20倍を超す人気ぶり。運行開始から2016年11月までに申し込んだ乗客のうち、ざっと10%がリピーターで、折からのインバウンド観光ブームに乗り、乗客の13%を外国人観光客が占めている。

ななつ星の狙いは九州の魅力に触れながら列車の旅を楽しむことにある。3泊4日コース1室2人利用で1人当たり最高95万円という高額な価格設定をしているにもかかわらず、大人気となったのは、ぜいたくな列車の旅という新しい需要を掘り起こしたからだ。JR九州は「ななつ星で九州の魅力を発信することで沿線活性化の一助になれれば」と述べた。

地域の観光資源のブラッシュアップが必要

瑞風や四季島はななつ星の成功を受け、計画された。高速バスに客足を奪われた寝台列車をクルーズトレインとして復活させ、国内外の富裕層やシニア層の需要を掘り起こそうとしているわけだ。

日本は今、急激な人口減少と高齢化に見舞われている。地方の人口減少は自治体や地域住民にとって深刻な話だが、JR各社にとってもローカル線の乗客減少につながるだけに、頭が痛い。

そんな中、地方が力を入れているのが観光振興による交流人口の拡大で、沿線の活性化はJR各社にとっても望むところだ。それを実現させる観光列車の1つの形がクルーズトレインといえる。

だが、安定して観光客を呼び込むためには、高額料金に見合ったサービスとともに、観光資源のブラッシュアップが欠かせない。瑞風や四季島の運行開始を地方の活性化にどうつなげていくのか、JR各社だけでなく、沿線自治体の知恵も問われている。

高田泰 政治ジャーナリスト この筆者の記事一覧
関西学院大卒。地方新聞社で文化部、社会部、政経部記者を歴任したあと、編集委員として年間企画記事、子供新聞などを担当。2015年に独立し、フリージャーナリストとしてウェブニュースサイトなどで執筆中。マンション管理士としても活動している。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)