インスタグラムやフェイスブック、ツイッターといったSNS上で影響力を持つ人からの口コミを通じて自社製品の認知度向上を狙うマーケティング手法「インフルエンサーマーケティング」は、大企業ですら無視できない存在となりつつある。

日本を代表する自動車メーカーのトヨタ自動車も力を入れる企業のひとつだ。上海・天馬サーキットで4月6日に開かれた高級車レクサスの試乗会では、トヨタの豊田章男社長が自らレクサスLCを運転し、同ブランドを熱心にアピールする様子が報じられた。同社の狙いは招待した現地著名人によるSNS上での拡散だ。実際、現地のSNSでこれを即座に発信したという。

中国上海モーターショーが4月末まで10日間に渡って行われた。今年は世界18カ国、地域より、1000社を超えるメーカーが集い、約1400台の車が出品された。今回のモーターショーでは、新商品のレクサスNXが、世界に先駆けて中国で先行出品された。

中国メディアの中国汽車報網によると、2016年の中国国内におけるトヨタの販売台数は121万4000台と対前年比8%増だったのに対し、レクサスは初めて販売台数が10万台を突破、対前年比25.6%の伸びを示しているという。中国でのレクサス販売強化のために、インフルエンサーマーケティングを活用するということだろう。

インフルエンサーマーケティングの目的とは?

インフルエンサーマーケティング
(写真=Thinkstock/Getty Images)

インフルエンサーマーケティングは「発言力のある人からのお墨付きを得る」のが目的だ。ネット上の情報には信憑性が低いと感じている利用者でも、「自分が一目置いている人からの、消費者目線での意見なら」信用するという人も多い。

あからさまな広告的内容を発信してしまうと、かえってファンから嫌がられたり、発言者の信用を傷つけたりしかねないといった一面がある。また、金銭等の見返りがあればファンへの裏切り行為として激しく非難されることもあるため、発信の仕方や運用には注意が必要だ。

個人メディアが生き残るために

インターネットの登場前は情報を発信する手段も、それができる者も一部に限られていたが、SNSが生まれたことにより、自分の発した情報が一瞬にして世界を駆け巡るようになり、個人がメディアを持てる時代へと様変わりしている。

マスメディアの力は依然強いものがあるにせよ、それと拮抗するように個人の発信力が力を持ち始めたのは一体いつのことだろうか。

話は2005年にさかのぼる。筆者はまだサラリーマンだったが、当時、もとは社内教育のつもりで始めた記事を、人に勧められてブログに公開するようになっていた。筆者が個人の力を実感するようになったのは、その年、永田町にある自民党本部から「ブロガー記者会見」と呼ばれる座談会に33人のブロガー&メルマガ発行者の1人として招待されたことがきっかけだった。

時は小泉政権の時代。インターネットの普及を受けて、各党ともHPやブログを充実させ、インターネットによる広報活動に注目し始めていた。その一環として、自民党が広報活動の一環として独自に選んだブロガーやメルマガ発行者に直接連絡して、自分たちから政策情報の提供を行い、そこから内容が拡散されることを期待したのである。

幸運なことに、筆者も著名なブロガーの方々と共に選ばれて、その座談会や自民党大会などに3回ほど出席した。そこでは普段できないような率直なやりとりが行われて勉強になった。自民党幹事長の話をメディアが撮るのが普通だが、メディアがカメラを向けていたのはむしろ参加者のほうだったのだ。何よりも、筆者はこの経験を通じて、個人の情報発信が力を持ち始めている時代の変化を目の当たりにしたのである。

今は、誰もがインフルエンサー、つまり情報発信者になれる時代である。SNSを取り入れたマーケティング活動は個人、企業、公共団体を問わずに、各方面に広がりつつあり、町おこしや地方活性化の一手段としても注目されている。個人がメディアを育てる際に最も大切なのは、「わらしべ長者」的な発想だ。

手段はどうしても時代と共に栄枯盛衰があるものだが、発信する側は、媒体そのものを小さく変化させやすい。発信を習慣にすることで、読者のアクセス数や反応をダイレクトで受け取りながら、質と量を同時に高めることができる。マスメディアがやらないこと、できないことにこそ価値を見出すことができるのだ。

俣野成敏(またの なるとし)
1993年、シチズン時計株式会社入社。31歳でメーカー直販在庫処分店を社内起業。年商14億円企業に育てる。33歳でグループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社)や『一流の人はなぜそこまで◯◯にこだわるのか?』(クロスメディア・パブリッシング)のシリーズが共に10万部超のベストセラーに。2012 年に独立。複数の事業経営や投資活動の傍ら、「お金・時間・場所」に自由なサラリーマンの育成にも力を注ぐ。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)