初心者,確定申告,fx

2月16日から3月15日まで確定申告の時期ですね。今年は利益が出て確定申告しなければならないって人も多いのではないでしょうか?また、一時期騒がせた脱税ニュース・・・脱税の危険性や見落としがちな納税などに触れながら確定申告について紹介したいと思います。また利益が大きくなりすぎた方には税理士を利用をお勧めいたします。


FXの確定申告

確定申告とは、1月1日から12月31日の1年間のすべての所得と納税額を申告し、払いすぎた税金や納税を行う手続きです。期間は2月16日~3月15日までで自分が確定申告が必要なのかきちんと知る必要があります。

確定申告が必要な人として一つ目にサラリーマンの方は20万円を超えるFX所得がある方。二つ目に主婦、フリーターの方は38万円を超えるFX所得がある方が挙げられます。一律20%の納税の義務があります。FXで損をした人でも確定申告すれば3年間控除措置を受けられます。また含み益やスワップ金利については業者ごとに取扱が違うので注意が必要です。まず含み益ですが、含み益は今後減る可能性や増える可能性、または含み損に変わる可能性もあり得るので確定申告時、記入する必要はありません。しかし、業者によっては、一日毎にポジションを立て直すという方法をとっていることがあるので、そう言った場合は記入が必要です。次にスワップ金利ですが、これも業者間で違いがあります。注目するポイントはスワップ金利が毎日口座が反映されているか否かです。もし反映されていればスワップ金利を受け取っていることになりますので、その年の確定申告時に報告する必要があります。そして反映されていない場合はポジションを決済したときにスワップ金利をまとめて貰えますので、まとめて貰えた年の確定申告時に報告する義務があります。

ネットでも記載漏れが多い!?見落としがちな住民税

ネットでもあまり取り上げられておらず、知らず知らずに脱税している可能性が多いのが住民税についてです。住民税は地方税であるので20万円または38万円の控除を受けられません。いくらでも儲けたら申告の必要があります。申告についてですが、確定申告時にまとめて記入する欄がありますので確定申告のついでに記入すれば問題ないです。または20万円以下の場合、市役所に報告にいくという方法もあります。

もし少額や知らなかったとしても無申告であれば指摘され、15%上乗せの無申告加算税を取られます。また、それでも払わなければ悪質とみなされ、35~40%の重加算税を取られるのがほとんどです。その報告が会社または本人に通達が届きます。

これは少額の場合で、5000万円など千万単位の脱税となると国税局が動きます。その場合刑事事件として扱われ、多くは執行猶予つきの形が言い渡されるのです。その後「修正申告」し、本来収める額の30%~40%の重加算税を納税する義務が発生します。更に、本来の申告期限からの延滞税を年利14.6%という高金利を加えて納めなくてはなりません。稼いだ額より多くの税金を納税しなければならなくなるのです。

確定申告のとき税理士が得な理由

確定申告は面倒だという人は税理士をお勧め致します。FX専門の税理士は多くの節税方法や手間、時間を削減してくれるからです。金額が多くなるにつれて確定申告の手続きは複雑になっていきます。そういったときは税理士などに頼むと書類さえ渡せば勝手に手続きを終わらせてくれます。毎年同じ人なので勝手が分かりよりあなたのトレーダーライフのサポートとなるでしょう。税理士によると確定申告時に細かく領収書を切らない人が多いそうです。レシートではなく領収書がないと必要経費として認めてもらえません。(電車代やバス代などレシートがでない場合は除く)そういった税理士しかしらない節税ポイントを多く知っており、領収書が多くて書類作成が面倒という場合もお勧めです。

脱税というのは、所得をごまかしたり報告しなかったりと不正を行うことですが、節税する分には問題ありません。節税の方法として年末にポジションを両建てするという方法があります。含み損となったほうを1月1日前に決算し、年が明けたら含み益も決済します。これでもし利益が25万円となる予定で5万円の含み損を決済したとしたら20万となりますので確定申告の必要はありません。両建てしていますので同額の含み益もあり、損することはありません。こういった方法は一切税務庁が示した税制に違反していませんので、積極的に行う必要があります。多く稼ぐ投資家やトレーダーが一番気にする点は税金だといいます。税務庁などは多く税金を取りたいのでトレーダーのFX所得に注目しています。よって確定申告しないでおくと稼いだ額より多くの税金が取られてしまうのです。しかし、知識もなく払っていれば自分に残る所得が少なくなってしまいます。国民皆さんそうだと思いますが税金というのはそれほど負担が大きいのです。ですから、しっかりとした節税と確定申告が重要だと言えそうです。

photo credit: Phillip via photopin cc