最近、日本では「一流」と言われてきた企業の凋落ぶりが目につく。東芝やシャープなど、いずれも世界的にも評価の高い企業だった。それが今日のような経営難に陥った要因として、「社内が派閥争いに目を奪われているうちに、市場の変化に追いつけなくなった」ということが、世間ではまことしやかにささやかれている。

GEでは派閥争いが起きない 139年の歴史でCEOはわずか10名

GE,クロトンビル
(写真= Jonathan Weiss/Shutterstock.com)

ところで2017年6月、世界でも有数のコングロマリット(複合事業企業)であるゼネラル・エレクトリック社(以下、GE)のトップが16年ぶりに世代交代することが発表された。

現CEO(最高経営責任者)のジェフ・イメルト氏に代わり、8月に就任が予定されている新CEOのジョン・フラナリー氏は55歳。フラナリー氏はアジアでの経験も豊富と言われており、日本でも好感を持って受け止められている。

GEは、あの発明王・エジソンを始祖とした名門企業だ。同社の139年の歴史の中で、これまでCEOに就任したのはわずか10人で、その平均在籍期間は14年ほどだ。通常、1人の人間が10年以上も会社の代表を務めていれば、社内が後継者争いや権力闘争に陥ってもおかしくはない。しかしこれまでのところ、GEでそのような話は聞かない。なぜ、同社には派閥争いが起きないのだろうか。

GEの強さの秘密は「クロトンビル」にあり

GEがこれだけ長い期間、世界のトップ企業であり続けられる理由とは何なのか。実は、それは同社の“組織力”が優れていることに起因している。

GEの組織力について、よく引き合いに出されるのが、リーダー育成機関として名高い「クロトンビル」だ。クロトンビルとは1956年、世界初の企業内ビジネススクールとして、ニューヨーク州クロトン・オン・ハドソンに設立された、同社の社内人材育成機関のことだ。そこでは現在に至るまで、マネジメント開発コース、ビジネス・マインドコースなど、人材開発プログラムの開発・実施が行われている。

同社のサイト「GE REPORTS JAPAN」によると、同社では毎年10億ドル以上もの資金を人材開発に充てており、イメルト氏も自身の時間の3分の1を人材育成のために割いているそうだ。GEのCEOともなれば、多忙なスケジュールをこなしていることは間違いないが、伝説的CEOだった前任のジャック・ウェルチ氏もイメルト氏も、毎週のようにクロトンビルに顔を出していたという。

巷のGEに関する記事を拝読すると、これらを同社の美点として褒め讃える内容のものが圧倒的だ。確かにその通りだが、もっとも注目すべきなのは、同社のそうした仕組みが実際にきちんと機能し、成果を上げていることのほうだ。「GEがすごい」とか「CEOがすごい」のもさることながら、ぜひその仕組みを遂行している組織の力にも目を向けていただきたいと思う。

強い組織を生み出す3つの仕組み

今、われわれがここから学べるものとは何だろうか。筆者が考えるGEの組織力が強い主な理由とは、以下の3点だ。

(1)社員全員にリーダーシップを求め、採用の段階からそれに応えられる人材を採用している。
日本GE合同会社CEOの安渕聖司(やすぶち・せいじ)氏の著書『世界の超一流企業であり続けるGEの口ぐせ』などによると、GEはリーダーシップに強いこだわりを持っており、採用の段階からそれを基準に置いているという。なお、GEの言うリーダーシップとは「自発的である」ことと定義づけされている。

(2)同社では、上司や人事が「将来性がある」と考えた者のみが次の研修に進めるシステムとなっている。社員にとって「研修を受けられるのは栄誉なこと」とした。
一般的な会社の用意した人材研修は必修となっていることが多く、社員の中にはそれをありがた迷惑に思っている者も少なくない。GEは社内研修を選抜制にして、多大な費用と経営者の時間を投入することによって、希少性のあるものにした。研修受講を「目指すべき価値のあるもの」としたのだ。

(3)人材研修は時に2、3週間に及ぶ。つまりそれに参加したければ、それだけの期間、自分がいなくても回る組織にしておかなくてはならない。
通常、組織のリーダーとは「自分が優秀」な人が多いが、そういう人が優秀なマネジャーになれるとは限らない。GEはリーダーが意図的に現場から離れる仕組みにすることによって、必然的に部下の成長を促し、強いチームをつくるための原動力としたのだ。

仕組みとそれを遂行できる組織力こそ「成長の鍵」

これらに、GEの強さの秘密がある。全部とは言わないまでも、この中の一部分だけでも自社に取り入れることは十分可能だろう。

世界的な経営学者であるP・F・ドラッカー博士は、著書の中でこのように述べている。「組織は、優秀な人たちがいるから成果をあげるのではない。組織の水準や習慣や気風によって自己開発を動機づけるから、優秀な人たちをもつことになる」。(『経営者の条件』)

この一文を「実際に仕組み化し、体現しているのがGE」だと筆者は考える。

俣野成敏 (またの なるとし)
1993年、シチズン時計株式会社入社。31歳でメーカー直販在庫処分店を社内起業。年商14億円企業に育てる。33歳でグループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社)や『一流の人はなぜそこまで◯◯にこだわるのか?』(クロスメディア・パブリッシング)のシリーズが共に10万部超のベストセラーに。2012 年に独立。複数の事業経営や投資活動の傍ら、「お金・時間・場所」に自由なサラリーマンの育成にも力を注ぐ。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)