「電力・ガス自由化に関するアンケート調査」が行われ、電力については7割強、ガスについては9割弱の人が契約会社の変更する予定がないことが分かった。自由化に関する認知率は電力で96.7%、ガスで91.3%となっており、多くの人が自由化についての認識はあるようだ。

現状に不満なく、切替えにもメリットが感じられない消費者

電力自由化,規制緩和,調査・アンケート
(写真=PIXTA)

調査はマイボイスコムが6月にネットで実施、1万923人から回答を得た。

自由化についての認識はあるにも関わらず、自由化による契約会社を積極的に考えている人は少ないという傾向が同調査で明らかとなった。電力会社の変更状況については、「電力会社の変更を検討していない」という回答が56.4%と高く、「電力会社の変更を検討したが変更の予定はない・検討中」との回答を合わせると、変更予定がない人が7割強となった。

電力会社の変更予定がない理由については、「現在利用している会社に特に不満がない」が45.1%を占め、「変更してもメリットが感じられない」が31.0%で時点となっている。

ガス自由化は電力よりも更に遅れている。ガス会社の変更予定がない人は86.5%と9割に迫る。実際にガス会社を変更した人の割合は1.2%に留まる。

自由化により、消費者の選択肢は広がったものの、変更によるメリットを消費者が感じていないケースも多く、電力、ガス共に従来の会社への信仰が強い事が明らかとなった。

新規参入事業者はサービス拡充等のメリット訴求が求められる

電力自由化は2016年4月の開始から1年が経過したが、契約会社への切替えはまだ途上である。資源エネルギー庁によると、2017年3月末時点での契約切替え件数は約553万件で全体の約8.8%となっている。この中には、従来の電力会社内での契約の切替えも含んでおり、その件数は約258万件に上る。つまり、純粋な新電力会社への切替えは、約295万件であり、全体の約4.7%に留まっている。

新電力の料金単価は従来の規制料金と比べ、平均で約4%低いとされている。しかし、新電力会社は自社での発電所を持たず、電力大手の送配電網の使用量負担もある為、これ以上の価格メリットを出していくのは困難であると見られる。価格以外のサービスの充実が今後一層求められてくる。

資源エネルギー庁によると、今年4月より始まったガス自由化は、6月末時点での切替え申し込み件数は、29万件に留まっている。電力自由化が最初の1カ月で90万世帯の切替えを集めたのに対し、ガス自由化は遅れをとっている事が分かる。

ガスには電力のような卸取引所が無い事に加え、小売事業者がガス器具の保安体制の整備を義務付けられる為、新規参入のハードルが高い。電力自由化には新規で400社近くが参入した一方、ガス自由化での新規参入は10数社に留まっている。新規参入が少なく、サービスや価格競争が起こり辛くなっている事が、遅れの原因の一つであると見られる。

冒頭の調査では、消費者が切替えにメリットを感じていない事が、自由化の進展を遅らせている大きな要因であるとの結果が出ている。今後は価格競争だけでなく、セット割引や他のサービスの提供といった部分に新規参入企業はより力を入れていき、切替えのメリットを訴求していく必要があるだろう。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)