東京で馴染み深い「マック」か、大阪人が口にする「マクド」なのか、東西で異なる呼び名に着目した新しいハンバーガーが話題の日本マクドナルド <2702> だが、注目を集めるのはその新商品だけではない。

お盆を前に発表した2017年12月期の第2四半期連結決算では、純利益が107億1600万円となり、前年同期比で68倍にまで拡大した。相次いだ商品への異物混入などで赤字に苦しんでいた時期から見事なV字回復を遂げたように見えるが、純利益の急拡大の数字に踊らされるのではなく、不祥事に見舞われる以前の水準と比較しながら、マクドナルドの実力を分析する。

営業利益は200倍に

(写真= 8th.creator/Shutterstock.com)
(写真= 8th.creator/Shutterstock.com)

17年12月期の第2四半期連結決算の詳細をみると、売上高は前年同期比15.6%増の1212億2900万円、営業利益は94億2700万円にまで伸び、前年同期比(4700万円)と比較すると、200倍にまで膨れ上がった。好調な第2四半期決算の内容を受け、通期の業績予想も上方修正。売上高を2485億円(従来予想2460億円)、営業利益165億円(同150億円)、純利益200億円(同145億円)にそれぞれ引き上げた。計画通りに進めば、01年の上場以来、過去最高益を更新する見込みだ。

好調な決算をけん引したのが、話題を集めた商品だ。5月には「マックの裏メニュー2」、6月には「グランドビッグマック」「ギガビッグマック」を相次いで投入。ビッグマックの2.8倍ものビーフパティを使用したギガビッグマックは、SNS映えするそのボリューム満点さが人気を呼んだ。この他、スイーツのコラボ商品の展開も進め、「マックフルーリー森永ミルクキャラメル」、「マックシェイク×カルピス®」など、サイドメニューの充実も売り上げを押し上げた。

積極的なメニュー展開に加え、利便性の向上として、楽天 <4755> が運営する楽天スーパーポイントが一部特殊立地店舗を除いた全店舗で利用可能となったほか、Uber社と提携し、同社のフードデリバリーサービスUberEATSを東京都内33店舗で導入した。

これまでもマックデリバリーとして全国約200店舗で宅配サービスを提供してきたが、宅配の注文を受け付けは1500円以上(朝マックは1000円以上)からと価格設定があった。UberEATSでは最低注文価格は設定されておらず、商品1つからでも宅配が可能となった。

純利益は過去最高を5割上回る水準

鮮やかな業績回復を見せたマクドナルドだが、直近の3年間は苦難の連続だった。14年には中国の食品会社から輸入していた期限切れの鶏肉が定番商品のチキンナゲットに使用されていたことが発覚。深刻な客離れに見舞われ、14年12月期の連結決算では03年以来となる218億4300万円の赤字転落に陥った。

期限切れ鶏肉の使用に加え、商品への異物混入が相次ぎ、15年12月期の連結決算では、売上高が1894億7300万円と上場以来初となる2000億円の大台を割り込み、最終損失は過去最大となる349億5100万円の赤字を垂れ流した。計画通りに17年12月期に200億円の純利益を達成できれば、低迷期から500億円以上も収益が改善することになる。さらにこの200億円という水準は、上場以来、過去最高だった11年12月期の132億9800万円も5割以上も上回る躍進となる。

また、売上高は17年12月期には2485億円を見込んでいるが、ピーク時の08年12月期の4063億7300万円には、遠く及ばないように見える。しかし、マクドナルドの決算の売上高にはフランチャイズ店舗の売上高は含まれず、直営店舗とロイヤルティーなどのフランチャイズ収入で売上高を構成する。決算上の売上高がピークだった08年12月期末は、直営店が2166店舗、フランチャイズが1588店舗だったのに対し、17年12月の第2四半期末では、直営店が933店舗、フランチャイズが1963店舗とフランチャイズ店舗数が逆転しているため、決算上の売上高はピーク時の6割程度にとどまる見込みだ。

一方、マクドナルドが決算短信で公表している直営店舗とフランチャイズ店舗の合計売上高であるシステムワイドセールスでは、17年12月期の第2四半期は2332億3100万円で、通期に向けて単純計算で2倍すると、4664億台の水準となる。このシステムワイドセールスは、10年12月期には過去最高の5427億1000万円を記録しており、今期の好調な業績をしても、店舗での売り上げに関しては、まだピークには遠く及ばない実態が浮かび上がる。

相次いだ不祥事により一旦は離れた消費者を、話題の商品で再び引き戻し、好調を続けるマクドナルド。過去最高益を上回る勢いを見せるが、システムワイドセールスに着目すると、売り上げはピーク時にはまだ及ばず、完全復活の道のりはまだまだ遠そうだ。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)