投資は株式に限ったものではない。農産物や鉱物などの先物取引や、金などの貴金属取引などがある。株ではなく、貴金属投資商品を選ぶ理由についてアンケート調査を行ったところ、投資する側の意識が見えてきた。

マイナス金利政策の影響も 関心が年々高まる

貴金属投資
(写真=PIXTA)

調査を行ったのは田中貴金属工業。2017年5月22日から31日までの期間に、一般消費者に向けてインターネットで調査を行った。

アンケート結果から、貴金属投資商品に期待する理由が見えてくる。まず、「貴金属投資商品への投資に関心を持った最初のきっかけは何ですか?」という質問では、29%つまり約3割が「メディアなどで投資の情報に接することが多くて」と回答している。次に多かったのが「銀行に金利に不満を感じて」19%、「世の中の景気や相場の変動によって」18%、「身近な人(家族・友人・同僚など)が投資していたのを見て」15%となった。

ここで注目したいのが、2位以下の銀行の金利や景気や相場の変動という理由が前回、前々回の調査から増えていることだ。銀行の金利への不満は前々回が10%、景気や相場の変動は同じく12%から増加している。長引く0金利政策、さらにマイナス金利により、銀行に貯蓄するよりも割のよい投資に注目が集まる中、貴金属投資商品への関心も高まっていることがわかる。

安全性が高く長期にわたって資産運用できるのが魅力

一般消費者が貴金属投資商品に期待することは何か、という質問では、「安全性の高さ」が最も多く32%となった。次に「長期にわたっての資産運用」が28%、「価値の値上がりによる売却益」が26%と続いている。

実際に貴金属投資を行っている方に同じ質問をしたところ、回答は同じとなった。2017年1月にアメリカでトランプ大統領が就任して以降、アメリカ経済政策は不安定な状況にある。さらに、イギリスがEUを離脱、中東での混乱もあり、世界経済の先行きは不透明な状態だ。そんななか、株式投資よりも実物資産である貴金属投資商品は安全性が高くリスクを低くできるとして注目を集めている。

また、すでに貴金属投資を行っている方に「貴金属投資商品を購入することに決めた理由」を聞いてみると、「購入したらほったらかしていい」が35%で1位となった。次いで「いつでも現金化しやすい」26%、「商品の仕組みがわかりやすい」が19%となっている。株よりも安定しており、売り時、買い時を見極める必要がない手軽さも貴金属投資商品の魅力となっているようだ。

短期で利益を出したいなら株式投資、長期的に安定した投資先を求めるなら貴金属投資商品という使い分けも可能。北朝鮮情勢などもあり、今後ますます先行き不透明となる世界情勢を受け、貴金属投資商品への関心は高まりそうだ。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)