日本における投資人口は、約1割。1200万人程度と推計されている。これら個人投資家の大半を占めるのは、生活資金に余裕がある40〜60代だ。可処分所得の低さもあって、大学卒業したての20代はほとんど投資をしていない。

長らく、日本人にとって投資は一部の人たちがするものと認識されてきた。それは銀行にお金を預けていれば資産は安全、そして少なからず利子がつくという前提があったからだ。また、投資には金儲けのイメージもついて回る。元来、日本では金儲けはあくまでも額に汗するものという美徳の概念が強かったゆえに、投資でお金を稼ぐことは忌避されてきた。

“資産運用”を考える30代は増えている

投資の鉄人
(画像=Webサイトより)

10年前、世間を騒がせた村上ファンドはまるで金の亡者のように取り上げられたが、そうした投資家たちのイメージも悪いものではなくなった。そこにはインターネットによる株取引なども容易になり、誰もが投資を始められることで投資人口が増加したこと、社会環境が変化して投資のイメージが改善したことなども一因にある。

そして、私たちを取り巻く金融環境も10年で大きく変貌した。ゼロ金利・マイナス金利時代に突入し、銀行にコツコツお金を預けるという時代は終わった。将来不安から“資産運用”を考える30代は増えている。

それらは、決して一部の現象ではない。投資入門を謳う本が書店の一般書コーナーで平積みされるようになり、多くの人が目にするコンビニでも投資の入門書が並ぶ。まだ、投資を始めていない人でも、投資に対する興味は高まっているはずだ。

相場を読むことをプロでも難しい

本書 投資の鉄人 は、金融・経済・証券・マーケットの4人のプロが思い思いの投資のコツを披歴する。入門者にとって読みやすい語り口なので、スラスラ読み込めるだろう。

しかし、読みやすさに反して、内容は「投資は儲かる」といったような入門者をいたずらに煽り、投資の世界に安易に誘い込むような楽観論にはなっていない。現実的かつ堅実な内容に終始している。
相場を読むことは、プロでも難しいとされる。

なにしろ、日本国内だけでも公募型投資信託は6000以上もあり、新しい投信は毎日のように誕生している。プロでも、それらをすべてチェックできない。

だから投資歴ウン十年のベテランでも、大損してしまうことがある。投資に絶対的な正解はない。実際にプロからそんな話を聞いてしまうと、一から投資を始めようとする入門者は尻込みしてしまうだろう。

個人でも"取材"の機会はたくさんある

たいていの個人投資家は、仕事で為替や株式市場の動向を念入りにチェックできるわけではない。四六時中、プロの証券マンやマーケッター、金融アナリストのように企業動向を分析したり相場に張りついたりしても相場を読むのは難しいのだから、個人投資家が手を出したら大怪我するのではないか?と不安を覚えるのは当然だ。

だが、本書では個人投資家でも“取材”の機会はたくさんあると解説する。一例を挙げれば、企業が開催している会社説明会や銀行・証券会社が実施する投資セミナーなどが”取材“の場ということになるが、それ以外にも外食チェーンだったら実際に食べに行って、自分の目で確認することも”取材“ということになる。そうした”取材“を通じて、実際に企業活動を知る大事さも本書では強調されている。

投資初心者が陥りやすいのは、特に情報に惑わされることだ。何もわからない状態だと、証券会社窓口の担当者やセミナーの講師、投資をやっている知り合いの話を鵜呑みにしがちになる。

また、セミナーには無料と有料のものがあり、投資を始めたばかりの入門者は、無料のセミナーに通いがちになる。

例えば銀行や証券会社が主催する投資セミナーは無料のものが多いが、口座を開設させられたり保険を勧められたりすることもある。そうした“リスク”を踏まえると、必ずしも無料だとは言い切れない。同時に有料だからと言って有益な情報が手に入るという確約もない。こうなると、どの情報を信じたらいいのかわからなくなり、投資に疑心暗鬼になってしまうだろう。

本書では、「惑わされない」ことを一貫したテーマとして掲げる。「情報」・「相場」・「商品」・「自分」など、投資ではあらゆるものが私たちを惑わす。鉄人たちは、そうした惑わせる要因を丁寧に解説し、投資とは自分を信じることだと訴えかける。

小川裕夫(おがわ ひろお)
フリーランスライター・カメラマン。1977年、静岡市生まれ。行政誌編集者などを経てフリーランスに。2009年には、これまで内閣記者会にしか門戸が開かれていなかった総理大臣官邸で開催される内閣総理大臣会見に、史上初のフリーランスカメラマンとして出席。主に総務省・東京都・旧内務省・旧鉄道省が所管する分野を取材・執筆。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)