女性の社会進出が進み、家事の負担は「仕事と家事の両立」を目指す共働き夫婦に大きくのしかかる課題となっている。そこで今、ロボット掃除機、全自動洗濯乾燥機、食器洗い機の、家事にかける時間を減らせる「新三種の神器」が人気を集めているという。

仕事を持つ主婦にはおお助かりの家電なのだが、費用がネックなのか購入をためらう人も。では、「新三種の神器」を投資目線で考えるとどれだけおトクなのだろうか。

三種の神器は高嶺の花?

食洗機,投資
(写真=PIXTA)

東京オリンピックのあった1960年代。「三種の神器」はカラーテレビ・クーラー・自動車だった。ちょうど、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』の頃だ。ここで言う「三種の神器」は、豊かさや憧れの象徴で、国家公務員(上級甲)初任給が2万7906円(参照:人事院 国家公務員の初任給の変還 行政職俸給表(一))だった1969年に、カラーテレビは約16万円(参照:総務省統計局 主要品目の東京都区部小売価格 昭和25年)。「三種の神器」を所有することは、一種のステータスとみなされていた。

「新三種の神器」はどうだろうか。一般的な掃除機や洗濯機と比べると高額にはなるが、ロボット掃除機、全自動洗濯乾燥機、食器洗い機のどれをとっても1ヶ月のお給料で購入できる金額でもある。

1980年に614万世帯あった共働き世帯は、2014年には1077万世帯にほぼ倍増している(参照:財務省 経済社会の構造変化~女性・子育て~)。2016年4月に施行された「女性活躍推進法」の成立もあり、今後もさらに共働きの夫婦は増えると予想されている。

仕事を終えて帰ってきても家事が待っていると思うと憂鬱にもなる。それなりの費用がかかっても、「新三種の神器」は補って余りあるほど、家事負担の軽減にうってつけの道具だと言えよう。