ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
貯める(給与・ポイントなど)
Written by ZUU online編集部 5,282記事

同世代の家計の事情をチェック

「30代、40代」どのくらい貯金しているの? 年代別貯蓄金額

マイホーム購入に向けた頭金の準備、夢の自宅を手に入れた後のローン返済に加え、成長する子どもの教育費が重く圧し掛かりはじめる30代、40代の働き手の世帯は、毎月の家計のやりくりに追われる傾向が強くなる。

目の前の出費への対応を迫られがちだが、先々の老後を見据えてできるだけ早く、資産の形成を始めることも欠かせない。同世代の世帯が家計をどのように回し、将来に備えてどのくらい貯金をしているかをチェックして、家計の見直しにも役立てたいところだ。

金融資産の平均は1078万円、30代は395万円、40代は588万円

貯蓄額,30代,40代
(写真=PIXTA)

金融広報中央委員会の2人以上の世帯を対象とした「家計の金融行動に関する世論調査」(2016年)によると、約7割の世帯が預金や株、投資信託、保険年金などの金融資産を保有し、その平均保有額は1078万円となった。

1000万円を超える数字を目にして、焦燥感にかられた30代、40代も多いだろう。しかし、悲観する必要はなさそうだ。金融資産の平均保有額は、世帯主の年代が上がるにつれて、上昇する傾向が60代まで続いており、実際に世帯主が60代の世帯の金融資産保有額が、全世代の中で最多の1509万円となり、全体の平均保有額を押し上げている。

年代別にみると、世帯主が30代の世帯は69%が金融資産を保有し、その平均額は395万円、40代は65%の世帯が金融資産を保有し、平均額は588万円となった。同世代のカテゴリーでも、30代前半と後半では、勤続年数も異なる。30代前半であれば、20代の平均金融資産額の184万円を参考にするのも一つの手だろう。40代後半を迎えたら、50代の平均額1128万円が一つの目安となる。

次のページ
中央値からみる金融資産の水準では?
12
page 1 of 2
「30代、40代」どのくらい貯金しているの? 年代別貯蓄金額
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 都内だと厳しい「家賃は月収の3分の1」ルール 現実的な考え...
NEXT 老後破産をする人が増えている?今から備えて回避する方法