お金は積み立てるだけでは、積み上がるだけだが、利息が加わることでそれを2倍にも3倍にもすることができる。この利息のパワーについて意外に知られていない。そこで今回は利息の種類と計算方法について解説したい。

お金を増やすなら知っておきたい「単利」と「複利」

利息には、「単利」と「複利」がある。単利とは、元本に対して発生した利子をそのまま受け取る方法である。一方、複利とは、元本に対して発生した利子を元本に繰り入れる方法だ。具体的な数字で見ないとわかりづらいので、積立ではなく、元本100万円を年利5%で5年間運用する例で比較してみよう。

【単利】
単利は、元本100万円に5%を掛けた利息を毎年受け取るので、毎年5万円受け取ることになる。利息の合計が5万円×5年=25万円なので、元本と合わせると合計125万円になる。

1年目 元本1,000,000円×5%=50,000円
2年目 元本1,000,000円×5%=50,000円
3年目 元本1,000,000円×5%=50,000円
4年目 元本1,000,000円×5%=50,000円
5年目 元本1,000,000円×5%=50,000円

【複利】
複利は、元本100万円に5%を掛けるが、2年目以降その利息を元本に組み入れることから、元本が毎年増えていく。その結果、5年間の元利合計は、127万6282円になる。

1年目 元本1,000,000円円×5%=50,000円
2年目 元本1,050,000円円×5%=52,500円
3年目 元本1,102,500円円×5%=55,125円
4年目 元本1,157,625円円×5%=57,881円
5年目 元本1,215,506円円×5%=60,775円

このように同じ金利と期間でも「単利」と「複利」では元利金の受取金額がかわってくるのだ。5年程度だとこの程度の金額差になるが、複利は利息が元本に順次組み入れられるので、期間が長くなるとその効果は累積的に大きくなる。

なお、複利には、1年ごとに元本に組み入れる「年複利」の他に、半年ごとに元本に組み入れる「半年複利」、1か月ごとに元本に組み入れる「1か月複利」などがある。複利の期間が短くなればなるほど元本への繰入れが多くなるので運用上有利になる。

毎月3万円を年利3.8%で運用すると2000万円以上になる

本記事タイトルにあるように、毎月3万円の貯蓄を30年間続けると「1080万円」にしかならないが、年利3.8%の複利で運用すると元利合計は2000万円以上になる。30年で倍になるのだ。いかに複利の効果がすごいかがわかるだろう。ちなみに、同じ30年間で年利7.5%の複利運用をすると、元利合計は4000万円以上になる。

今度は逆に、1億円を貯めるにはどれ位積立てが必要かを考えてみると、年利15%の複利運用を30年間行う場合、毎月貯めるべき金額は14,444円になる。低金利の世の中なので、年利15%を確保することは難しいが、毎月1万4000円程度なら貯められない金額ではないのではないだろうか。1億円というと途方もない数字にように思えるが、時間と複利を活用すれば非現実的ではないのがわかる。

ただ、残念なことに日本では複利の金融商品は、積立預金、外貨MMF位で非常に少ない。もっとも、単利の商品であっても支払われた利息をそのまま引き出さずに再度運用に回せば複利運用をすることができる。定期預金などでは、元利自動継続の扱いにすることができるので複利運用する場合には利用するとよい。

注意すべき点は、利息については利息支払い時に20%の税金が源泉されることだ。単利の商品で疑似的複利運用をした場合、利息支払時点で税金が差し引かれてしまうため、その分の運用ができないというデメリットがある。

複利は基本的に期間が短いほど運用上有利だと述べたが、単利を複利的に運用する場合には、税の面で不利になるということは覚えておいて欲しい。また、預入期間が長いほど金利は高いのが一般的なので、その点も踏まえて運用方法を判断する必要がある。