爆買い真っ盛りの2015年、中国人の決済手段として大きな注目を集めたのは「銀聯カード」だった。それが今はモバイル決済の「支付宝」「微信支付」へと移っている。ドンキホーテ(ホールディングス) <7532> の大型店では両方使えるし、ローソン <2651> は都心以外でも「支付宝」が使用できるようになった。時代の変化は目まぐるしい。

国慶節と仲秋節が重なり8連休となった今年の黄金週、微信支付、支付宝、銀聯カードの3者の成績は、どうだったのだろうか。ニュースサイト「今日頭条」が総括記事を載せた。各社の独自データのため統一されたものではないが、海外を中心にそれぞれの内容を見ていこう。(1元=17.0日本円)

微信支付(We Chat Pay)  東南アジア、日本・韓国で客数多く

中国経済,モバイル決済
Alipayで買い物(写真=Freer/Shutterstock.com)

休暇中の微信支付の海外利用状況は、「国慶微信跨境支付報告」によると次のようになっている。客数の多い地域は、(1)東南アジア、(2)日韓、(3)香港・マカオ、(4)北米、(5)欧州の順である。

しかし国地域別の使用額では、(1)中国香港、(2)タイ、(3)韓国の順だった。海外で微信支付のシステムを導入している商店は13万軒以上、対応外貨は13種である。

また買物をした人の性別では、男性65.4%、女性34.6%だった。世代別では90后(1990年代生まれ)34.7%、80后(1980年代生まれ)30.8%と、この年齢層で3分の2近くを占めている。また最も多く使ったのは広東省人だった。

支付宝(Alipay) 2000年代生まれも多く利用

休暇中の微信支付の海外利用状況は、「支付宝相関データ」によると、今年の支付宝による海外消費は昨年の8倍を超えた。

また一人当たり平均消費額も50%近い大幅上昇だった。また90后の比率は44%に達し、1人当たり平均は1301元だった。また00後(2000年代生まれ)も消費の主役に登場、平均531元を使っている。

目的地別では、香港、タイ、台湾が多かった。海外で支付宝のシステムを導入している商店は20万軒以上、対応外貨は18種である。飲食店、スーパー、百貨店、コンビニ、免税店、テーマパークなど多彩である。

銀聯カード(china Union Pay) 海外旅行では中国人は必ず携帯する

国慶節明け、銀聯カードは「十一長假銀聯網絡交易データ」を発表した。それによると黄金週の国内外での決済額は、1兆3700万元、決済件数は7億2800万、それぞれ前年比36.2%と11.7%増加した。

また銀聯カードは、微信支付、支付宝に対抗した非接触式ICカード、Quick Passの普及を急いでいる。これはApple Pay、Sumsung Pay、Huawei Pay、MiPay(小米支付)などの提携先モバイル決済とともに拡大している。1日平均の利用金額は、5月の労働節連休時に比べ、10月は50倍以上となった。

しかしそうはいっても第一四半期のモバイル決済シェアは、支付宝シェア54%、微信支付40%、その他はたった6%しかない。

銀聯カードの携帯は、海外旅行における中国人必須の習慣だ。またフリープランの旅行スタイルが増え、海外消費は多元化する一方で本土化を欲している。それに応え多くの国へ銀聯カードの扱いを奨める。

いずれの決済手段も三者三様に中国人の海外進出に歩調を合わせ、順調に拡大を続けていた。今後の主戦場はモバイル決済だ。やはりシェアでトップ、来春には日本人向けサービスにも進出を計画している「支付宝」を中心に展開するのは間違いなさそうである。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)