第二新卒の「転職理由」について聞いたところ、「給料が低い」「仕事量が多い」を上回る結果となったのが「人間関係・社風が合わない」「ワークライフバランスが悪い」だった。

学情が運営する20代・第二新卒の転職サイト「Re就活」が実施した「就職・転職活動に関するアンケート」による。調査対象はサイトの登録会員で有効回答数は500件。サンプルは少なめだが参考までに紹介しよう。

現在の就業状況は「在職中」が33.8%、「離職中」が66.2%。就業経験年数は「3年未満」が72.1%、「3年以上」が27.9%とキャリアが浅めの人が多い。就業経験社数は「1社」が70.3%、次いで「2社」17.0%、「3社」5.6%などとなっており、初めて転職する人が約7割を占めている。

「人間関係・社風が合わない」が4割超

第二新卒,調査
(写真=liza54500/Shutterstock.com)

転職理由(3つまで選択可)をたずねたところ、4割以上の人が「人間関係・社風が合わない」を選択した。回答の多い順に5位まで紹介しよう。

転職理由

1位 「人間関係・社風が合わない」42.1%
2位 「ワークライフバランスが悪い」36.5%
3位 「そもそもやりたい仕事ではなかった」33.4%
4位 「給料が低い」31.9%
5位 「仕事量が多い」23.2%

「給与」や「仕事量」に関する理由よりも、「職場環境」や「仕事内容」を重視する人が増えているようだ。同社では「やりたい仕事をめざすキャリアチェンジ希望者が増加傾向」と分析している。

ワークライフバランスを重視

「入社先を決める際に重視するポイント」はどこだろうか。調査結果を同じく5位まで紹介する。

入社先を決める際に重視するポイント

1位 「残業の少なさ/休日の多さ」46.1%
2位 「長く働けるかどうか」43.0%
3位 「勤務地が希望に合っているか」42.1%
4位 「やりがいのある仕事ができるか」41.8%
5位 「給与が希望に合っているか」35.9%

同社では2017年3月にも同じ調査をしているが、「残業の少なさ/休日の多さ(前回4位)」を選んだ人の割合は36.5%で、今回の調査よりも約10ポイント低かった。ワークライフバランスを重視する人が増えてきた結果と言えるだろう。

「転職活動で不安な点」は?

調査では「就職・転職活動で不安な点」についても聞いている。結果は次のとおりだ。

就職・転職活動で不安な点

1位 「選考が上手くいくかどうか」65.6%
2位 「希望の求人が見つかるかどうか」61.3%
3位 「自分を評価してもらえるかどうか」44.0%
4位 「金銭面」37.2%
5位 「退職の手続き」18.9%

約7割が初めての転職だということもあり、選考に関する不安を挙げる人が多かった。また、希望に合った求人が見つかるのかという不安も大きいようだ。

望むのは「良好な人間関係」

彼らが転職後の新しい環境に望むことは何だろうか。「次の職場に望むこと」に対する回答は以下のようになった。

次の職場に望むこと

1位 「良好な人間関係」46.1%
2位 「ワークライフバランスの向上」45.5%
3位 「本当にやりたい仕事ができるということ」43.0%
4位 「給与アップ」29.7%
5位 「スキルアップ」16.4%

転職理由1位の「人間関係・社風が合わない」に呼応するように、「良好な人間関係」が1位となった。同様に転職理由2位は「ワークライフバランスが悪い」、3位は「そもそもやりたい仕事ではなかった」だったが、対応するように「ワークライフバランスの向上」が2位、「本当にやりたい仕事ができるということ」が3位となった。

ワークライフバランスの向上や仕事内容の充実を求めて転職活動を行う第二新卒の姿が、調査結果から見えてくる。(渡邊祐子、フリーライター)

【編集部のオススメ記事】
「従業員からの支持率が高いCEOランキング」
世界の15歳調査、お金のリテラシーが一番あるのは「中国」
トップ企業は時給7000円超 「上場企業の時給ランキング2017」
「長く快適に働ける」企業トップ20 1位の企業「転職は厳しい」の声も
お金を稼ぐには地理を学べ 代ゼミの名物地理講師が説く「経済を地理から学ぶべき」理由