経済情報会社・砺石の発行する「砺石商業評論」が、中国企業時価総額100強(10月版)を発表した。これは国内で唯一の時価総額ランキングである。ニュースサイト「今日頭条」が解説記事を載せている。トピックとトップ10を見ていこう。

4つのトピック

中国経済,時価総額,今日頭条,ランキング
(写真=chillchill_lanla/Shutterstock.com)

100強の内訳は、大陸企業79社、中国香港11社、中国台湾8社、中国澳門2社であった。以下トピックを挙げる。

●アリババの時価総額が4530億1000万ドルまで上昇

一時的にアマゾンを抜いた。また騰訊(テンセント)も4254億ドルまで上昇し、工商銀行も3360億4000万ドルまで上昇した。

●初めて100強入りしたのは以下の3社

90位 融創中国 (不動産=高級住宅、別荘、商業、オフィス) 209億3000万ドル
93位 複星国際 (不動産、医薬品、鉄鋼、鉱業など) 206億ドル
96位 海天味業 (食品、調味料) 202億5000万ドル

●白酒業が急成長

トップメーカー貴州茅台は20%以上も時価総額を上げた。

12位 貴州茅台(酒造)1090億1000万ドル

●双11(11月11日独身の日)を前にした、昨年のネット通販シェアトップ3の時価総額には大きな開き

双11以後、3強のランキングがどうなるか注目される。蘇寧雲商は100強入りが見込まれる100位(台塑=台湾プラスチック 195億5000万ドル)とはわずかな差だ。

1位 アリババ 4530億1000万ドル
23位 京東 558億7000万ドル
102位 蘇寧雲商 193億ドル

トップ10には国有四大銀行など

次にトップ10を見ていこう。

10位 中国平安(中国三大金融サービス集団の1つ) 1630億2000万ドル
9位 中国銀行(国有四大銀行の最下位) 1854億9000万ドル
8位 中国農業銀行(国有四大銀行3位。最初の商業銀行) 1879億6000万ドル
7位 中国移動(中国電信「三大運営商) 2080億ドル
6位 台積電(TSMC)(世界最大の半導体製造) 2253億8000万ドル

5位 中国石油(中国石油天然気の現業部門が分離) 2253億8000万ドル
4位 中国建設銀行(国有四大銀行2位) 2719億9000万ドル
3位 中国工商銀行(国有四大銀行首位。資産世界最大) 3360億4000万ドル
2位 騰訊(テンセント)(ネット大手。ゲーム、SNSに強味) 4254億ドル
1位 アリババ(電子商取引最大手) 4530億1000万ドル

国有四大銀行、中国移動、中国石油と中央国有企業が6社と依然として過半数を占めている。しかし中国経済の頭脳となっているのは今や2トップである。2トップは四大銀行とさまざまな戦略的提携を行っている。またベンチャー投資や個人金融でもバッティングし、主導権を奪っている。

今やあらゆる側面から中国経済をリードする存在だ。この傾向は今後も強まる一方となりそうだ。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)