10月18日から24日の日程で共産党大会が開かれた。初日には習近平国家主席によるこれから今世紀中頃(2049年が建国100年)までの国家発展戦略について大きな設計図が示された。

全文は3万字を超す大論文であり、発表には3時間半ほどかかったようだ。共産党大会は5年に1度開かれる全国代表大会であり、中央委員の人事が決定されるため、政治的な面に注目が集まりやすいが、共産党の長期発展戦略が発表される重要な大会でもある。

その内容は思想から内政、外交まで幅広い領域に渡る。以下はその概略である。なお、経済に関する部分に絞り、わかり易いように、ポイントだけ書き出した。また、一部、必要な情報を補足してある。

今世紀中頃までに社会主義現代化国家を打ち立てることが大目標

中国社会主義,共産党大会
(写真=PIXTA)

中国の特色ある社会主義は新しい時代に突入した。具体的には以下の通り。

(1)新しい歴史条件の下で引き続き中国の特色ある社会主義が偉大な勝利を収める時代

(2)全面的な小康社会(ただ単に衣食住が足りるだけではなく、政治、経済、文化など各方面において、満足できるような社会)の形成を勝ち取り、全面的に社会主義現代化強国(富強、民主、美麗、文明、和諧の分野で現代化した強国)を形成する時代

(3)全国各民族が団結奮闘し、快適で心地よい生活を作り上げ、人民全体が共に裕福になる時代

(4)すべての中国人が力を合わせ、中華民族の偉大な復興、中国の夢を奮闘して実現する時代

(5)我が国が世界の舞台の中央近くに日々歩み出て、人類に対してこれまで以上に絶えず大きな貢献をする時代

習近平国家主席が総書記に任命された2012年11月の前回共産党大会では、「中華民族の偉大な復興は近代以来、中華民族の偉大な夢である。中国共産党成立(1921年)後100年で全面的な小康社会を打ち建てる。中華人民共和国成立(1949年)後100年で社会主義現代化国家を打ち建てる」と発言している。

「習近平の新時代における中国の特色ある社会主義思想」とは、この時の発言が中核となっている。

全面的な小康社会の形成といった目標は、第13次五カ年計画の最終年となる2020年までに達成しなければならない。その後は、今世紀中頃(2049年)までに社会主義現代化国家を打ち建てるといった次の目標に向かって邁進しなければならない。2020年から今世紀中頃までを2段階に分け、第1段階は2020年から2035年までの間で、全面的な小康社会が達成されたといった基礎の上に、社会主義現代化を基本的に実現させる。第2段階は2035年から今世紀中ごろにかけての期間で、基本的な現代化の実現を基礎として、富強民主文明、和諧美麗といった社会主義現代化強国を形成する。

新時代における中国社会における矛盾は、快適で心地よい生活に対するニーズと発展の不均衡、不十分との間に生じているということを明確に理解し、人民を以て中心とする発展思想を堅持し、全面的な発展を不断に促進し、全人民が共に裕福になることを推し進める。中国の特色ある社会主義事業の全体的なレイアウトは“五位一体(経済、政治、文化、社会、生態文明の一体的な建設)”であり、戦略的なレイアウトは“四つの全面(全面的な小康社会の建設、改革の深化、法による統治、共産党による厳格な統治)”であり、進む道、理論、制度、文化にしっかりと自信を持つ。

経済発展では質が第一、効率を優先する

中国経済は既に高成長段階から質の高い成長を追求する発展段階へと変化している。経済構造を最適化し、成長動力の切り替えを行なわなければならない端境期であり、現代化経済システムの建設はどうしても成し遂げなければならない中国の発展戦略目標である。

経済発展の質を第一に考え、効率を優先しなければならない。そのためには、供給側構造性改革を深掘りする。創新型(クリエーションを主要な原動力とする)国家の建設を加速する。農村振興戦略を実施する。区域の協調発展戦略を実施する。社会主義市場経済体制の改善を加速する。全権的な開放といった新局面の形成を推し進める……。

以上が経済に関する重要な部分であるが、参考までに、全文の章立てを示しておく。なお、上記の内容は一から五の一部要約である。

一、 過去5年間の業務、歴史的変革
二、 新時代中国共産党の歴史的使命
三、 新時代における中国の特色ある社会主義思想の基本方針
四、 全面的に小康社会の形成を勝ち取り、社会主義現代化国家の新たな道を全面的に建設する
五、 新たな発展理念を貫き、現代化建設経済体系を作り上げる
六、 人民主権制度体系を作り上げ、社会主義民主政治を発展させる
七、 文化への自信をしっかりと持ち、社会主義文化の繁栄を推し進める
八、 民生水準を保障、改善し、社会のガバナンスを強化し、新しく作り上げる
九、 生態文明体制改革を加速し、美麗中国を建設する
十、 中国の特色ある軍隊強化の道を堅持し、国防、軍隊の現代化を全面的に推し進める
十一、 一国両制度を堅持し、祖国統一を推し進める
十二、 平和発展の道を堅持し、人類運命共同体の構築を推し進める
十三、 全面的に共産党を厳しくしっかりと管理し、執政能力や指導レベルを不断に引き上げる

田代尚機(たしろ・なおき)
TS・チャイナ・リサーチ 代表取締役
大和総研、内藤証券などを経て独立。2008年6月より現職。1994年から2003年にかけて大和総研代表として北京に駐在。以後、現地を知る数少ない中国株アナリスト、中国経済エコノミストとして第一線で活躍。投資助言、有料レポート配信、証券会社、情報配信会社への情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。東京工業大学大学院理工学専攻修了。人民元投資入門(2013年、日経BP)、中国株「黄金の10年」(共著、2010年、小学館)など著書多数。One Tap BUY にアメリカ株情報を提供中。HP: http://china-research.co.jp/

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)