史上最も成功した投資家といえばウォーレン・バフェットだが、彼を長年支えてきたのが本書の主役であるチャーリー・マンガーだ。マンガーはバフェットの7歳年上で2017年現在で93歳になるが未だ現役で活躍している。そんなマンガーは投資家から一目も二目も置かれる存在だが、詳しく述べられることは少ない。本書はマンガーのキャリアと珠玉の名言と解説で構成されている。賢人マンガーの投資の心得と人生の教訓が学べる、バフェットファンならずとも手に取る価値のある一冊だ。

『マンガーの投資術 バークシャー・ハザウェイ副会長チャーリー・マンガーの珠玉の言葉 富の追求、ビジネス、処世について』
著者:デビッド・クラーク、林康史(監訳)、石川由美子(翻訳)、山崎元(解説)
出版社:日経BP社
発売日:2017年9月11日

バフェットの成功はマンガーの存在なくして語れない

(画像=Webサイトより)
(画像=Webサイトより)

マンガーとバフェットは同じ小・中学校に通っていたり、バフェットの祖父のお店でマンガーがバイトをしていたりと不思議な縁でつながっているが、二人の出会いは1959年の夏(当時マンガー35歳)まで待つことになる。そこで意気投合した二人はそれから何年も、週に何度も連絡を取り合う仲となる。

それまでマンガーは弁護士だったが、バフェットとの出会いも影響し1962年に投資事業を開始し成功を収めた。その後、1979年にバークシャー・ハサウェイの筆頭副会長に、1983年にバークシャーの子会社ウェスコの会長に就任し、それ以来投資と経営の意思決定に関してマンガーはバフェットを支え続けている。

マンガーがバフェットに与えた最も強い影響は、いわゆる成長株投資のアイデアをもたらしたことだ。バフェットはもともと割安株投資の大家ベンジャミン・グレアムに師事していたが、そこから新たな一歩を踏み出す後押しをしてくれたのがマンガーなのだという。

グレアムの投資法は株価が上昇して企業の本源的価値を超えたら売却すべきと主張する。一方で、マンガーとバフェットはすばらしい企業は本源的価値を長期にわたって増大し続けることができるので、そのような企業の株は売却せず保有し続けるべきだと考えたのだ。この考えが正しかったことは、彼らが築いた莫大な富が物語っている。

金融論やヘッジファンドをあざ笑う異端の投資術

マンガーの投資術の要諦は上記に加えて、集中投資と現金を豊富に持つことにある。通常、投資では分散投資が推奨されるが、マンガーは「一度として分散投資戦略を信じたことはない」というから驚きだ。彼は大学で数学を専攻するほど数理に詳しく投資の理論も当然熟知しているが、それ以上にポーカーで培った期待値の大きいものに集中して賭ける方が有効であると確信しているようだ。これは銘柄分析に絶対的な自信と能力を持つマンガーだからこそ機能する戦略といえるだろう。

現金を豊富に持つ戦略もヘッジファンドの手法とは大きく異なる。一般的なヘッジファンドは借り入れなどを組み合わせて、資金効率の最大化を目指し余裕資金を手元に残さないように投資をする。しかし、このやり方ではたまに発生する金融危機で株価が暴落した際に、優良な企業を買えないばかりか、逆にポジションを調整するために株を売るはめになり非効率だとマンガーは考える。

マンガーの投資術を個人投資家が取り入れるべきかは慎重を要するだろう。分散投資にはリスクを下げる効果があることは否めず、集中投資の方が優れているとは一概には言えない。ただ、金融危機の際に買い出動できるように現金を持っておく戦略は、投資戦略として有効とされているリターン・リバーサル(逆張り投資)とも適合し、投資の期間や資金の使い方に制約のない個人投資家にとっては有効であるかもしれない。

勉強は人生に最も利益をもたらす投資

本書の最終章では、投資だけでなく仕事や健康、友人、結婚など人生におけるマンガーの金言を取り上げていて、彼の個性的な魅力が凝縮されたパートでもある。特に印象に残るのが勉強についてだ。マンガー曰く「バフェットは地上で最高の学習マシン」であり「彼の投資技術は65歳になってから格段に向上した」という。マンガーも「足の生えた本」と家族に言われるほどの読書家だ。学ぶという行為を続けて行けば、投資の利益のように複利で知識が増えて人生の成功の助けになることを彼らの歩みが示している。

本書は投資に関する書籍だが、銘柄選択の詳細な理論を伝える内容ではなく、大局的な投資の心得について平易な言葉で書かれており、ウィットに富んで面白い。あとがきの山崎元氏による解説は本書の理解をさらに深めてくれる名文だ。また、マンガーの言葉と解説のセット全138個をコンパクトにまとめられているので、とても読みやすくスキマ時間を利用した読書にも最適だ。(書評ライター 池内雄一)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)