「お金を貯める」小学生が新学期に掲げる目標のように簡単なものだが、実際できない人は多い。

そのなかでも、周りから相対的に見るとお金を貯められない「浪費家」といわれる人たちは、苦手意識も強いのではないだろうか。まもなく新しい1年が始まる。来年こそは貯蓄癖をつけたいと思っている浪費家のみなさんに「有効かつお手軽な方法」をお伝えする。

1. 貯蓄癖は細かいゴールの積み重ね

浪費家,お金を貯める
(画像=PIXTA)

新年が始まり、「今年は貯蓄癖をつける」と自分に言い聞かせても結果うまくいかないのは、そのゴールが長すぎるのも一因だろう。最初から半年後、1年後といった長いゴールを見ていても順調には進まない。とはいえ、「毎日いくら節約する」「一週間でいくら節約する」となると窮屈で、これもまた浪費家には苦手な習慣づくりだ。最初の数日は頑張ろうと努力しても続かない。それこそ、「3日坊主」という言葉が相応しい状況だ。

そこで、「半月に一度」というペースをお勧めしたい。1日、一週間よりは時間軸が長い一方で、1カ月以上ほどの悠長さはない、ちょうどいい時間の長さだ。たとえば月の初めと中頃にそれぞれ「貯蓄したい金額」を決め、目標をクリアーするよう心がけよう。

月末は反省の期間。最初は目標を達成できなくてもそう落ち込まずに、まずは節約に取り組めていることを喜ぶ。日頃の仕事のノルマを超えるよりも簡単なはずだ。2回目以降は、前回と比べて貯蓄額の増減がどうだったか、どのように目標を超えることができたかを「客観的に」分析するのもお勧め。ゲームをしているかのように楽しみながら進めていけば、浪費癖のある人が感じていた「お金を使う愉しみ」に加えて、「お金を貯める愉しみ」があるだろう。

2. 大きな出費は「承認制」とする

このゲーム形式の貯蓄癖によって、小さな出費は管理することができるだろう。残るは「大きな」敵だ。これは「家族の協力」を上手に活用して取り組む方法をお勧めする。つまり、「承認制」だ。

たとえば1万円以上の出費の場合、誰かに説明して、本当にその出費が必要なものか、現在の所有物では代替できないのかを考える。他人に説明することの手間と、その他人に説明するまでの時間で気持ちが落ち着く効果が期待できる。

承認者は一緒に生活している家族でもいい、遠くに住んでいる人でもいい。大切なのは、浪費に批判的な人ではなく、一緒に節約を頑張っていこうと「前向きな関係」を築くことの出来る人であること。節約効果を一緒に喜ぶ関係であることだ。口頭での承認制もいいが、書面で取り交わすのもユニークさがあっていいだろう。そのあたりの煩雑さも、浪費家として「これを買ってしまおう」という衝動の防止に繋がる。

3. 今だからこそ見直したい「定期預金」の存在

ひと昔前、お金を貯めるといえば「定期預金」だった。最近はいったん預けても途中で引落しができる定期預金も多いため、貯蓄方法ラインナップのなかで存在感を薄くしているが、元来とても効果的な方法だ。

自分で律することのできない人は、家族の協力で定期預金を引落しする「権限」を自分から離すのも賢い方法だ。そうすることで、「この出費は仕方がない」という自分への「言い訳」による引落を回避することができる。

4. 「貯金アプリ」を活用する

そのうえでインターネットの活用を考えたい。貯蓄や節約とインターネットのテクノロジーを活用するFintech分野。そのなかでも、「貯金アプリ」が各社から発表され、注目を浴びている。多くの人が肌身離さず携帯しているスマートフォンを活用して、貯蓄癖を身につけようとするものだ。

貯金アプリのなかには、ただ努力を支援するものではない。「結婚資金」「旅行資金」といった目的を定め、楽しく進めることができる。この部分が浪費家にとってポイントだ。

浪費家に節約を勧めるのは、実はなかなか難易度の高い方法だ。浪費家は「使う」ことに意識が向いているため、使わないことには方向変更を意味する。ところが貯金アプリはスマートフォンからダウンロードすることによって利用可能となるため、購入行動といえる。

お金を貯められない「浪費家」だからこそ、工夫して貯蓄癖をつけるようにしていきたいものだ。ちょうど年末年始がまもなく、新たな習慣をつけるのは絶好のタイミングといえるだろう。自他ともに浪費家と認められる人が、新たな一面を見せて周りを驚かせてはどうだろうか。

工藤 崇
FP-MYS代表取締役社長兼CEO。FP-MYS: http://fp-mys.com/
ファイナンシャルプランニング(FP)を通じ、Fintech領域のリテラシーを向上させたい個人や、FP領域を活用してFintechビジネスを検討する法人のアドバイザーやプロダクト支援に携わる。Fintechベンチャー集積拠点Finolab(フィノラボ)入居。執筆実績多数。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)