同じ金額のお金であっても、「お金の種類が違う」と無意識に分別をしているケースがある。宝くじで当てたお金なので、「今日は外食で焼肉」などとパーッと使ってしまうケースがある。

これは行動経済学では「メンタル・アカウンティング(心の会計)」と呼ばれる。同じ金額であってもお金を手に入れた方法によって、お金に対する感じ方・価値が異なっているように感じてしまうというわけだ。宝くじでのお金は「不労所得」、パーッと使って良いお金で、毎月の給料は汗水たらして働いたお金といった、心の会計で別の区分に振り分けているとも考えられるのだ。

行動経済学が再び注目を集めている

行動経済学,住宅ローン返済
(画像=Panumas Yanuthai/Shutterstock.com)

2017年に米国の経済学者リチャード・H・セイラー教授(シカゴ大学)がノーベル経済学賞を受賞し、行動経済学は改めて注目を集めている。

従来の経済学でいえば、「人間は合理的に行動する」存在だという「モデル」がベースになっているのに対し、行動経済学では、人間は必ずしも「合理的」ではないという点にフォーカスが当てられている。「合理性よりも感情が優先」するケースもあるのではないかということだ。

「月々1万円払い」 リボ払い利用者の支払い金利は15%

一時期、テレビCMや広告でクレジットカードの「リボ払い」制度を頻繁に目にする時期があった。しかし、このリボルビング払いは実は大変危険な仕組みであることを事例で解説する。

10万円のカバンをクレジットカードの翌月一括払いで購入した。その後友人の結婚式が2つ続き、それぞれの会でお祝い金以外に2次会・3次会の参加費用も必要になった。通常月からすると予定外の出費で、10万円のカバン支払いを翌月1回払いから、支払い1万円/月のリボ払いとした。クレジットカード会社は、タダで10万円の支払いを9回分、先延ばしにしてくれた訳では無い。9万円部分については「金利15%」水準で9カ月間、借りているとイメージすると分かりやすい。

「来月10万円支払い」は大変、「月々1万円」×10カ月なら安心?

更に、リボ払い利用者は「返済は1万円だから安心」と勘違いし、更に靴やスーツ、ベルトの購入費用やデート費用のクレジット払いも、リボ払いを利用してしまうケースも考えられる。リボ払い利用額がすぐに膨れてしまい、結果的に高い金利を長く支払わざるを得ない場合も多いと考えられる。

翌月1カ月で「10万円の支払いは大変」であるのに対し、1カ月で「1万円の支払い」ならば問題はない、との判断をしてしまう場合は想像し易い。期間を軽視した「メンタル・アカウンティング」と考えられる。実際には更に「金利15%」も追加で支払うことになっているのだ。

ボーナスで「自分にご褒美」

サラリーマンにとって、ボーナスの支給時期は楽しみのひとつだろう、毎月の給料以外に、「臨時」で手にするお金であるとの考え方をすれば、普段よりも「贅沢したって良い」と考えて、ついサイフのひもが緩みがちになることもある。ボーナスは経営層からすれば、会社の「業績に応じて支給するもの」という考え方ができる。片や従業員や組合の立場でいえば「給料の後払い的な性格」と考える。立場が違えば同じ事象も捉え方が異なる。

ローンのボーナス返済で返済不能に

マイホームのローン返済方法で「ボーナス返済」を利用している人もいるだろう。ローンでボーナス返済を利用している人にとっては、ボーナス支給額が減額されれば、ローン返済に支障が出る場合すらある。毎月の返済額を減少させるために、「不確定」なボーナス返済部分を高く設計してしまった場合は、そもそものプランが検討不十分だったとも考えられる。

「返済にまさる運用無し」が当てはまらない残念な事例

住宅ローンは借入金利を支払っているので、「住宅ローンの繰り上げ返済」をした方が運用をするよりもずっと有利だ、といった主旨の記事やアドバイスを実際に目にすることがある。 しかし、これは2つの前提に立っていると思う。

1)将来の結婚プラン、子供の人数や家族構成、教育費、習い事などの費用の総額・支払いタイミングを十分理解している
2)それらのライフプランの検討の結果、繰り上げ返済をするだけの十分な余裕がある

住宅ローン返済=「大きな借金を軽くする」効果、教育ローンは「子供のための借金」だから仕方がないので借りる、カードローンやリボ払いは「不足分だけ時々補うため」であるし、「毎月の返済は1万円だから大きな問題ではないだろう」という「メンタル・アカウンティング」が形成されてしまっている人々は残念だ。きちんと金融を使いこなすチカラがあれば、現在よりも家計を改善できた場合が考えられるからだ。

低い金利の住宅ローンを返済しても、子供のための高い教育ローンは親の務め?

住宅ローンを繰り上げ返済した人が、その後に行った残念な勘違い事例について紹介したい。 なお、金利水準は2018年3月時点の、あるメガバンクおよび系列クレジットカード会社の金利水準である。住宅ローン金利10年固定、金利水準1.10%と比較して欲しい。

・子供の教育資金に、「教育ローン3.475%」を借りている
・生活費の不足を補うために。「カードローン12.00%」を使っている
・クレジットカードの支払いが苦しいので、「リボ払い15.00%」を使っている。
・リフォームを行うために「リフォームローン4.975%」を借入する

住宅ローンの金利と、その他のローン等の金利は水準が大きく異なる。金利3倍の教育ローンを借りることが想定されるならば、住宅ローンの繰り上げ返済を行わない方が良い。

ましてや、繰り上げ返済を行って、その後金利水準が13倍超のリボ払いを使わなくてはならないケースは、賢いやりくりとは正反対であることを認識して欲しい。

安東隆司(あんどう・りゅうじ)
RIA JAPANおカネ学株式会社代表取締役。CFP®ファイナンシャル・プランナー、元プライベート・バンカー。日米欧の銀行・証券・信託銀行に26年勤務後、独立。お客様サイドに立った助言を実践するためには高い手数料は弊害と考え、証券関連の手数料を受け取らない内閣総理大臣登録の「投資助言業」を経営。著書に『個人型確定拠出年金iDeCo プロの運用教えてあげる!』等がある。