富裕層が資産を管理するうえで、大きな影響を受けるのが税金だ。日本の所得税は累進課税のため、高額所得になればなるほど、税金の負担は大きくなる。そのようななか、高額所得者の間で「アメリカの築22年以上の木造不動産」への投資が注目されている。今回は、その理由について見ていこう。

なぜ富裕層はアメリカの築22年以上の木造不動産を買うのか?
(画像=リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ)

■「所得税の圧縮」が大きな目的

不動産投資自体は、富裕層の間でもポピュラーな資産運用方法だが、アメリカの築22年以上の木造不動産へ投資する大きな理由は「所得税の圧縮」にある。なぜ所得税の圧縮に繋がるのだろうか。

そのスキームを読み解くには、まず「減価償却」について理解する必要がある。建物や車両、機械などの資産は経年劣化するため、その価値の減少分を費用として計上できる。これを減価償却という。減価償却費は、実際にキャッシュアウトした金額ではなく、税制上の経費だが、この減価償却をうまく活用することが所得税の圧縮に繋がる。

■減価償却の計算ルールを活用する

日本に居住する日本人は、世界中のどこで収入を得ようとも、すべて日本で納税義務が発生する。従って、アメリカの不動産を購入した場合も、所得税および減価償却の計算は、日本の法律に則って計算される。

個人の所得税の計算方法だが、不動産の賃貸収入のような継続的に発生する所得に関しては、給与などと合算する総合課税となっている。また、建物の法定耐用年数は木造で22年、法定耐用年数を超える場合は4年で償却することが定められている。

これらを勘案した具体例を考えてみよう。年間給与4000万円の人が、アメリカの不動産(物件価格2億円・建物割合80%・年間収益800万円・築30年の木造アパート)を購入したとする。物件価格が2億円なので、建物価格は1億6000万円だ。日本の減価償却(築22年超の木造物件なので4年間で償却)に照らし合わせて、年間4000万円を償却するわけだ。年間収益800万円を加味すると、

<アメリカ不動産の年間所得> 年間収益800万円+減価償却費▲4000万円=▲3200万円

<日本での課税所得> 年間給与4000万円−アメリカ不動産の年間所得▲3200万円=800万円

となり、課税所得を大幅に減らせることが分かる。なお上記は単純な計算であり、為替変動や諸経費などは考慮していない。詳細は税理士などの専門家に問い合わせて頂きたい。

>> アメリカ不動産の専門家に問い合わせる

■建物価値の評価方法の違いを活用する

日本に比べて国土が大きいアメリカでは、「土地の資産価値」は日本に比べて相対的に低い。日本で築30年のアパートを購入しても、建物価値はほとんど評価されない場合が多いだろう。しかしアメリカでは、築年数が経っている場合でも、物件価格に対する建物割合が70〜80%の物件もあるようだ。

その理由として、中古不動産に対する考え方の違いや、流動性の違いが挙げられる。気候の違いもあり、アメリカでは一度建てたら、できるだけ長く住もうという文化がある。国土交通省の「既存住宅流通シェアの国際比較」によると、全体の流通戸数に対する既存住宅流通戸数の割合は、日本の14.7%(2013年データ)に対して、アメリカは89.3%(2010年データ)となっており、流動性の面でもアメリカの高さが際立っている。

■売却するタイミングは5年経ってから?

高額所得者が「アメリカの築22年以上の木造不動産」を購入する理由をご理解頂けただろうか。ここからは出口戦略(物件の売却)について解説したい。不動産売買に関する日本の法律では「5年」の所有期間がひとつのポイントになる。

購入時から起算して売却した年の1月1日時点の所有期間が5年以内だと、短期売却という扱いとなり、売却益に対して39%の税金がかかる。その一方、5年を超えて売却すると20%の税率となる。従って、4年間で減価償却を全額計上して、その時点で含み益が出ていれば、もう1年保有し、20%の税率となってから売却するのが賢い方法だろう。

■詳細は名門「サザビーズ」に起源を持つ富裕層向けサービスへ

しかし、国税庁の見解次第では、所得税の圧縮が認められなくなる可能性があるかもしれない。もちろん、アメリカ不動産投資自体にもリスクがある。空室リスクや資産下落リスク、流動性リスク、外貨リスクなどだ。いくら所得税を圧縮できても、売却後の通算損益が、圧縮額以上にマイナスになってしまっては本末転倒だ。

特にアメリカ不動産投資は、言葉や土地勘の観点から、信頼できるパートナー選びが重要だ。そのようななか、270年以上の歴史を持つ世界最古のオークションハウス「サザビーズ」に起源を持ち、グローバル規模で事業を展開している富裕層向けサービスと聞けば、信頼できると感じる人が多いのではないだろうか。

それが世界69の国と地域、950のオフィス、22,000人以上の世界最大級のネットワークを構築している世界的な高級不動産仲介ブランド「サザビーズ インターナショナル リアルティ®」だ。日本市場においては「リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ®」というサービスブランドを展開している。

もちろん顧客の多くは日本人富裕層であり、初めて海外不動産投資を検討する顧客から限られたハイエンドな顧客まで幅広い層へ、顧客のニーズに合わせた選りすぐったアメリカ不動産を提供している。この機会に一度、相談してみてはいかがだろうか。

>> 多くの富裕層が活用する方法を相談する