gold-163519_1280


金CFDとは

金CFDとは、CFD取引で行う金取引の事です。CDF取引は、「Contract for Difference」の略で、差金決済取引の事です。原資産とよばれる、現物株、株価指数、業種別指数、債券などの値動きをそのまま反映しながら、現物株(原資産)を保有する事がなく、原資産市場と同じような商品の取引ができ、その取引した売買価格の差額で損益が決まります。

もともとは、機関投資家などとよばれる、投資家のみの取引でしたが、現在は、ネット証券などが導入をしており、個人投資家も取引できるようになってその裾野は広がっていているといいます。

取引方法は、FX(為替証拠金)と同じく証拠金を担保にして行うレバレッジ取引になる為、担保にいれた資金でその何倍も大きな取引ができます。利益になった場合は、少ない資金で大きな利益を手に入れる事ができますが、損失になった場合は、担保にした証拠金だけではなく、別途払い込む必要がでてくるなど、リスクが高い取引になる場合もあり、ハイリスク・ハイリターンの金融商品です。


金CFDの特徴

CFDの特徴としては、色々な原資産の金融商品を一つの口座で差額だけでの決済ができることです。24時間動いている商品(原資産)を取引できるので、いつでも取引できる事があげられます。また、買いからだけではなく売りから入ることもできますので、相場が下落しそうなときにも利益を狙うこともできます。また、少ない資金で大きな取引ができる事が魅力の商品になります。

しかし、最初に金融商品の取引として始めるという商品ではなく、ある程度投資経験がある方や、資金に余裕のある方が行った方がよい取引です。取引方法は、通常の株などの取引のように、取引所を通じて行われるのではなく、相対取引(店頭取引)でおこなわれます。

投資家など取引する人は、買う場合、売る場合ともに、CFD取引をおこなっている会社が出す提示価格(条件)に応じての取引になります。CFD取引には、原資産価格となる商品がいろいろあります。金CFDというのも扱っている会社によって、原資産価格の対象がいろいろあります。

日本の金市場で取引されているもの、NYで取引されている金市場のもの(スポット金取引とよばれ現物取引)もしくは、金先物取引などを原資産として取り入れており、証拠金に応じて取引できるレバレッジの倍数も会社によって様々です。

また、現物金市場の取引(スポット)の場合は、金利などもつく場合がありますが、金先物取引の場合を原資産の対象としている場合はつきません。一言で金といっても取引の種類はいくつかあるので、どの会社がどの金取引を行っているのか確認する必要があります。