大規模なESGほど持続可能性に問題がある銘柄を含んでいる

アクティブ・マネジメントは、より深い分析と機敏な選択を社会的責任ポートフォリオの構築にもたらす。

アクティブ投資とパッシブ投資のどちらを選択するかは「環境、社会、ガバナンス」に関する問題が投資理念に階層化されている場合に、より説得力のある課題となる。ESG分析を投資の意思決定に組み込むことは複雑である。そのため積極的な投資アプローチが必要でありと考慮することが、ESGのそのものの価値を高めることになるのだ。