平均寿命の過去のデータを信用してはいけない

モーニングスター社の退職調査の責任者は、従来の戦略や仮定が時代遅れである理由を説明している。

モーニングスター社の退職調査責任者であるDavid Blanchett氏によると、顧客の退職計画を支援するアドバイザーは、資産の蓄積だけでなく、予想される負債にも注目すべきだという。

「資産と負債を別々に考えたほうが良い」と、今週シカゴで開催されたMorningstar Investment ConferenceでBlanchett氏が述べている。また「これから、30年、40年の間に資産は何を稼ぐのか、負債や支出ニーズはどうなるだろうか」と続けている。