ミレニアル世代の保険への関心は高まるが、健康への影響も出始めている

この変化は、メディケイド(低所得者向け医療扶助制度)と個人向けの主要医療保険が無くなったことが原因である。

主要な医療保険に加入していないミレニアル世代の割合は、2016年以降急増している可能性がある。

「Transamerica Center for Health Studies」のアナリストらは、新たな調査結果を発表した。メディケイドの保険適用範囲の縮小と個人の主要な医療保険適用範囲の縮小が、集団保険の利用拡大を止めたとのことだ。