引退間近の米国人の多くは、生活費、医療サービス、天候などに焦点を当てている。最近の研究によると、彼らは他の要因にも目を向けるのが賢明であることが示唆されている。退職者が最も多い州は彼らのニーズを満たすのに最適な州ではないかもしれないからだ。

GOBankingRatesは、UnitedVanLinesの調査によると、退職者が転居する上位10州を分析し、11の要因に基づいて他の40州と比較した。 引退するのに最も人気のある州は、アリゾナ、フロリダ、アイダホ、メイン、モンタナ、ネバダ、ニューメキシコ、サウスカロライナ、バーモント、ワイオミングだ。