最近の調査によると、米国のティーンエージャーの大半は、親や保護者から金銭を受け取ったり、買い物をしたりする際、いまだに現金に頼っている。

しかし、調査結果はまた、金融技術が若者の生活に浸透しつつあることを示していると、Junior Achievement USAと、データ駆動型マーケティングとロイヤルティソリューションを提供するAlliance Dataが報告した。 この研究の発表は、National Financial Awareness Dayの2日前に行われた。