技術革新による職場の変化が高齢者に与える影響は大きい

調査によると、65歳以上の労働者は、年齢差別や職場での精神的・身体的制限などの問題に直面する可能性が高い。

多くの高齢者は、66歳で社会保障給付金の全額を受け取る資格を得た後も働き続けており、高齢者とその家族のためのサービスを提供している「Provision Living」が最近行った調査の参加者は、平均72歳で退職すると述べている。

「Provision Living」は8月、高齢者が退職を先送りする理由を調査した。フルタイムまたはパートタイムで働いている65歳から85歳までの1,032人の対象者で構成された。回答者の60%が男性、40%が女性で、平均年齢は67歳であった。