本記事は、大澤希氏の著書『先代は教えてくれない 二代目社長の生き残り戦略: 今あるものを「捨てる」覚悟 「守る」使命』(合同フォレスト)の中から一部を抜粋・編集しています

二代目社長の9割は「守り型」経営

お金,夢
(画像=PIXTA)

あなたがもし二代目社長なら、会社を承継した時にどんな思いが頭をよぎりましたか。

「絶対につぶせない」「自分がこの会社を守れるのだろうか……」「うまくいって当たり前だと見られている」。そんなプレッシャーを感じたのではないでしょうか。

すでにあるものを失うのは、誰だって怖い。二代目は、会社が存在している状態からスタートするので、経営が守りに入ってしまうのが宿命です。

私は44歳の時、父が急逝したことから、会社を承継しました。それ以来、うまくいって当たり前というプレッシャーと常に闘っていたかといえば、そんなことはありません。何かの拍子にそれを自覚するわけです。プレッシャーと闘っているというよりも、「守るのは当たり前」といった感覚です。

今あるものをどうしていくか。どうしたら利益を出せるか。どうしたら社員とうまくやっていけるのか。どうしたら社員がついてくるのか。会社を受け継いだ当初は、そんなことばかり考えていました。あのころは、守りの視点しかなかったような気がします。

中には、守りの意識がない二代目がいるかもしれません。しかし、それはごく少数派でしょう。私がそうだったように、二代目のほとんどは守りからスタートするのです。そして、そのまま「会社を守らなければ」という思いで経営を続けている二代目が、私が見る限り9割くらいを占めています。

世間の評価は1円の得にもならない

二代目は、とにかく先代と比べられてしまいます。それも、社内から、取引先から、世間から、そして家族から、あらゆる方面から先代と比べられて評価されます。

自分で起業した人であれば、少なくとも社内には比較対象となる人はいません。ところが、事業を継承した二代目は、身近に比較対象となる先代がいます。ですから、どうしても比較されやすいのです。

事業を承継した当初、私の耳にも色々な声が入ってきました。身近なところでいえば、母親の言葉です。母はどうしても夫である先代と息子の私を比べます。時折、母の口をついて出てくるのが「お父さんは〇〇だったのよ」という言葉。母は父と私を比べるつもりはなかったのかもしれませんが、私には「それに比べてあなたは」という言葉があとに隠されているような気がしたものです。

まわりが先代と比較するのは、何も悪意があってのこととは限りません。むしろ、悪気がない場合のほうが圧倒的に多いのです。私自身、私に対するマイナスの声ではないのに、自分で勝手にマイナスの評価だと捉えてしまうこともありました。世間の評価がどうしても気になってしまうのです。とりわけ事業がうまくいっていない時、まわりの声は自分を責めているようにすら感じられました。

それではなぜ、まわりの評価が気になるのでしょうか。それは、会社を守ろうとしているからです。守るとは、そのままの状態を維持するということ。守りに入ると、評価の物差しは「先代より良くなったか悪くなったか」にならざるをえません。

経営は、ずっとうまくいくことなどありえません。どの企業にも浮き沈みはあります。うまくいくかどうかなんて、誰にもわかりません。大切なのは、何かが起きた時、次の手を考えて打てるかどうか、大丈夫だと自分が思えるかどうかです。

うまくいかなくなったら、またチャレンジすればいいだけの話です。世間からの評価を気にすれば気にするほど、守ることばかり考えて萎縮してしまいかねません。チャレンジしなくなってしまいます。チャレンジしない会社は滅びるだけです。世間の評価を気にして守りに入るのは、1円の得にもなりません。それどころか、マイナスに作用してしまいます。

先代は教えてくれない 二代目社長の生き残り戦略: 今あるものを「捨てる」覚悟 「守る」使命
大澤希(おおさわ・けい)
株式会社フィールドプロテクト代表取締役社長。1971年生まれ。埼玉県狭山市出身。中学、高校と野球に熱中し、高校3年時の夏の甲子園大会に捕手として出場。明治大学に進学し、六大学野球を経験。卒業後も東芝府中で社会人野球の選手として活躍。1996年、株式会社フィールドプロテクトに入社し、古紙の回収業務やビルメンテナンスなど、現場の仕事を覚えることからスタート。父で先代社長である譲司氏の片腕として会社を支える傍ら、地域活動にも精力的に取り組む。2007年には狭山青年会議所理事長として、子どもたちの生きる力を育む「むさし100km徒歩の旅」を立ち上げ、青少年育成に11年間取り組む。2009年には青年会議所の埼玉ブロック協議会会長、2010年からは青年会議所の国際資格であるJCIトレーナーとして地域の経営者のリーダーシップなどの研修活動を行う。2016年4月、現職の代表取締役に就任。アソシエイトの資格をもつ「エマジェネティックスⓇ」や研修経験を生かし、人材育成と仕組み化に取り組み、多角的経営にチャレンジしている。普段の自分が通用しない世界で自分をコントロールする力を学べることから3年前よりスキューバダイビングを始める。座右の銘は自身のモットーである「今の自分で勝負する」に通じる「This is me!」。愛読書は小説の『イリュージョン』。

※画像をクリックするとAmazonに飛びます
先代は教えてくれない 二代目社長の生き残り戦略: 今あるものを「捨てる」覚悟 「守る」使命
  1. 「新米社長が会社をつぶす」本当の理由
  2. 「二代目社長」はやりたいことをやろう!
  3. 「社長の代替わり」で幹部や社員がゴッソリ辞める本当の理由
  4. 「社長は孤独」という現実から目を背けない方法は?
ZUU online library
(※画像をクリックするとZUU online libraryに飛びます)