ドクターが老後資金を心配している3つの理由 親の相続にも注意
(画像=ZUU online)

第3回はドクターの老後資金対策やライフプランニングの重要性について見ていこう。著書に『ドクターのためのお金の増やし方実践法』があり、ドクターのマネー相談件数は1,000件以上という「ドクターに特化したファイナンシャル・プランナー」の岡崎謙二氏に話を聞いた。(聞き手:菅野陽平)

岡崎謙二
岡崎謙二(おかざき・けんじ)
株式会社FPコンサルティング代表取締役。1級FP技能士・CFP®。保険会社勤務時に医師会年金を担当し、医師・歯科医師と多数面談。その際にマネー管理に手が回らず浪費したり、金融機関や不動産会社に言われるがまま商品を購入したりしているドクターが多いことに気づく。また税金や教育・老後資金などについて不安に思うドクターも多く、ドクター特有のお金の悩みを解決するために、日本で初めて医師・歯科医師に特化したFP サイト「ドクターのためのマネークリニック」(14fp.com)を2010 年にオープンする。これまでのドクターのマネー相談件数は1,000件以上と豊富な経験をもとに、ドクターの立場に立ち、保険や証券など金融商品を取り扱わない、お金の相談やアドバイスが好評。著書に『ドクターのためのお金の増やし方実践法』(2021年、ファストブック)

ドクターが老後資金を心配している3つの理由

「周りが思っている以上に、ドクターは老後資金を心配している」と岡崎氏は指摘する。ドクターは安定職かつ高所得であるため、老後は心配ないと思いきや、実際はそうでもないようだ。なぜ老後を心配しているドクターが多いのだろうか。