投信残高,投資信託,NISA,オルタナティブ投資,ファンドラップ
(写真=PIXTA)

2015年5月末、公募投信の残高がついに100兆円の大台を超え、102兆4574億円となった。

いわゆるアベノミクス相場が始まって2年半、その間の投資信託の増加は約41兆円にのぼる。上場投資信託(ETF)も、5月末の残高が14兆円強と2年間で2倍強に膨らんでいる。投資信託の残高が大きく伸びた背景には何があるのだろうか。


NISA口座とオルタナティブ投資

投資信託が大きく残高を伸ばしている要因として真っ先にあげられるのは、NISA口座を通じた個人マネーの流入だ。日本証券業協会の発表では、主要証券会社10社のNISA口座の5月末時点の稼働率は前月比で0.7ポイント上昇し、51.2%となっている。

NISA総口座数は441万口座、総買い付け額は2兆3047億円に拡大している。投信残高の増加にNISAが大きな起爆剤となったことは間違いないだろう。

また、純資産残高の大きい投資信託には共通点がある。5月末で最も純資産残高が大きいのは新光投信のUS-REITオープン、それに続くのが日興アセットマネジメントのラサール・グローバルREITファンドだ。フィディリティのUSハイ・イールドファンドがそれに続いている。