ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
銘柄分析
Written by ZUU online編集部 5,285記事

ホントに「美味しい」!高級レストラン銘柄の株主優待

高級レストラン
(写真=Thinkstock/Getty Images)

 株式投資にはメリットのひとつに株主優待がある。株主優待とは株式会社が一定数以上の自社の株式を権利確定日に保有していた株主に与える特典のことだ。その内容は、自社の製品や商品券など企業によってさまざま。そこで今回は、おトク感の特に高い高級レストラン銘柄の優待を紹介する。

高級牛肉店・柿安の「松阪牛」の引換券

 三重県に本社のある肉料理の高級料亭・柿安 <2294> の優待は「お肉」に焦点をあてたものとなっている。基本的には、全国の提携ショップで使える商品券で、レストランや惣菜店、和菓子取扱店で使うことができる。

 多くの企業が取り入れているように、もちろん、持株数に応じて優待の内容もランクアップする仕組みだ。例えば、柿安の1単元株は100株となっており、持ち株数が100株から300株までは、1000円分の利用券1枚が優待となる。また、300株から500株までであれば、株主は1000円分の利用券3枚を得られる。

 さらに、同社の株主優待では、3000株以上を保有していれば、同社の最高ランク優待を得られる。その株主に対しては、柿安は1万円相当のグルメフリーチョイス引換券2枚を付与する。「松阪牛」や「アグー豚」といったブランド肉など高級食材をセレクトできるものとなっており、オイシイ食材に舌鼓を打てる内容だ。

 ちなみに、2015年11月16日時点での、株価は1964円(2015年11月20日時点)。2月末時点で株主名簿に記載されている株主に権利が与えられる。

メゾンポール・ボキューズでの食事も優待で割引く「ひらまつ」

 高級レストラン「メゾン ポール・ボキューズ」を中心に、ウエディングやホテルなどを経営する ひらまつ <2764> もレストラン割引などの優待を用意している。単元株は100株となっているが、オンラインショップで酒類を買うと保有株数に関係なく割引がある。グルメを自負する投資家にはオイシイ話かもしれない。

 同社では、飲食代割引を中心に4つの優待を準備している。一つ目がレストランの飲食代金の割引で、100株以上、500株未満を保有している株主は10%のディスカウントを得られる。さらに、5単元以上の保有で20%割引が適用される。

 二つ目は同社のレストランで行う婚礼の飲食代割引。1単元(100株)以上を保有する株主を対象に実施される、レストランで株主本人が披露宴を行うと婚礼飲食代の10%を割引となる。三つめは、オンラインショップでのワイン購入代金の割引だ。酒類を販売している同社のオンラインショップで購入すると、1単元以上保有する株主は20%割引される。

 最後は、株主向けのフェアへの招待。1単元以上保有する株主へ向けて、年に数度開催されるフェアでは、レストランのシェフたちが、自慢のメニューに腕を振るう。代表的なメニューから、新作までそれぞれのシェフが自信作を披露する場となるとのことだ。

 ちなみに、株価は707円(2015年11月20日時点)。同社では3月末もしくは9月末に株主名簿に記載されている株主に優待の権利がある。

食事券・特選牛のセレクトを選べる「高級料亭・うかい」

 「銀座 kappou ukai」などの高級料亭の経営を中心に展開している飲食業のうかい <7621> では、1単元(100株)以上を保有する株主に2つの優待を用意している。

 一つ目は「箱根ガラスの森の入場招待券」だ。同社の株主を対象に、3000円相当の食事付の入場券5枚を株主は取得できる。

 さらに、同社のレストランでの割引券を贈呈している。一人一枚で利用できる3000円相当の食事優待券も優待に組み込まれている。1単元以上3単元未満の保有数で優待券を1枚、3から5単元株で3枚となる。500株以上からは食事券か、「うかい特選牛」を選ぶことができる。500~1000株で1万5000円相当、1000~2000株未満で3万円相当となっており。2000株以上保有していれば、6万円相当の食事券か、特選牛を選べる計算だ。

 ちなみに株価は2637円(2015年11月20日時点)。同社では9月末に株主名簿に記載されている1単元以上の保有株主に優待の権利が与えられる。

ノバレーゼでは食事代を30%割引き、映画無料チケットも

 全国でブライダルとレストラン事業を展開しているノバレーゼ <2128> は、年2回の権利付日を設定。ノバレーゼの優待では、100株以上200株未満の株主は、同社のレストランの食事代金30%割引券1枚を得られる。また、グループ会社で取り扱っているギフトカタログの20%割引きを、併せて受けられる。

 また、800株以上の保有者には、食事代金30%割引券、20%割引のギフトカタログのほかに、全国のイオンシネマで利用できる映画無料鑑賞券を2枚贈呈。レストランは、関東はもとより、北陸・甲信越、関西、中国・四国、九州にわたって15店舗で利用可能だ。

 ちなみに株価は925円。対象は、6月末または12月末に株主名簿に記載されている株主に優待の権利がある。

 普段は手の届かないラグジュアリーなレストランでも、優待があれば幾分は利用しやすくなるだろう。まさに「美味しい」レストラン企業の優待ではないだろうか。 (ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
9月に読まれた記事ベスト10|トイザらス破産、スタバ以上のホワイトな企業とは……
2017年3月の株主優待銘柄 実質利回りランキング20
株主優待投資デビュー「損を避ける」3つの選び方
【株初心者入門】株式投資を始めるまでに知っておくべき7つのポイントとは?
ZMP上場に迫る!自動運転で注目の企業は優良IPO銘柄となりうるのか?

ホントに「美味しい」!高級レストラン銘柄の株主優待
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

注目の株主優待

PREV 商業衛星打ち上げ成功 意外なロケット関連銘柄をご紹介
NEXT 【投資のヒント】上方修正で一転して最高益更新予想となった...