「銀行に預金しても少ししかお金が増えない」--。マイナス金利の影響で預金金利は歴史的な低水準、そこで投資を始めたいと思っている人も多いだろう。

しかし同時に「投資は難しい・面倒」という思いも頭をもたげる。だが「スマートフォンをわずか3タップするだけで、それも1000円から株が買えるサービスがある」と聞けば、投資を始めてみようと思えるのではないだろうか。そのサービスとは「One Tap BUY」だ。

わずか3タップで株を購入One Tap BUYとは

(画像=PIXTA)
(画像=PIXTA)

一般的に株式投資をするとき、証券会社で口座をつくった後、どの銘柄に何株投資するかを自分で決めることになる。日本に上場している銘柄だけでも3500社以上あり、この中から自分が投資する銘柄を決めるのは大変な作業だ。

投資する銘柄を決めても、買えるのが1000株単位や100株単位と決まっており、多くの銘柄は購入に数万円から数十万円かかり、ときには数百万円が必要なこともある。

しかしOne Tap BUYは違う。購入できる銘柄を米国の優良企業30社に厳選してあるし、日本株に興味があるなら3種のETFが用意されている。米国株も日本株ETFも1000円から買える。スマートフォンで数回タップするだけで購入できるのも魅力だ。取引コストも米国株は最低5円から、日本株ETFは最低3円(売却時のみ)からと業界最安値で、同様の金融商品を購入できる他社と比べても低水準だ。

(画像=One Tap BUY)
(画像=One Tap BUY)

appstore googleplay

Amazonやディズニーなどの米国株が買える

One Tap BUYで購入できる米国株は、好調が続く米国市場の中の優良企業30社だ。現在米国市場ではトランプ大統領への期待感もあり、NYダウは史上最高値を更新し2万ドルを超える歴史的高水準で推移している。

購入可能な銘柄の一例を挙げると、アマゾンドットコム、アップル、アルファベット(Googleの親会社)、コカ・コーラ、コストコ、ウォルトディズニーカンパニー、フェイスブック、IBM、マクドナルド、ナイキ、スターバックス、ヤフーなどだ。おそらくどの銘柄も誰しもが知っている有名企業ではないだろうか。

(画像=One Tap BUY)
(画像=One Tap BUY)

日本株のETF3種類はいずれも日経平均に連動している。日本を代表する225銘柄に投資する「225投信」、日経平均の2倍動く「日経レバETF」、日経平均が下がると値上がりする「日経インバETF」の3種類だ。

それでも投資は難しいと思っている人にはOne Tap BUYが提供しているマンガがおすすめだ。アプリ内やWebサイトでは、投資の基本が簡単にわかるマンガがいくつも提供されている。これを読むだけで投資の基本を簡単に理解できるだろう。

(画像=Webサイトより)
(画像=Webサイトより)

One Tap BUYで過去に投資していたら……利用者の7割が初心者

いざ投資するとなると、やはり利益が出るに越したことはない。もしOne Tap BUYで過去5年間投資していたらどうなっているか、シミュレーションが公表されている。それによると、2012年から5年間、米国株30銘柄に毎月末3万円ずつ投資すると、投資元本180万円に対して、米国株30銘柄の平均積立の結果は250万円となっている。38%も増えた計算になる(税金や取引コストなどを考慮しない)。

(画像=Webサイトより)
(画像=Webサイトより)

<前提条件>
期間:直近5年(上場して5年に満たないものは上場してから)
積立方法:毎月末の終値で3万円ずつ
コスト等:当社サービス仕様に則り、下記コストを反映しております。米国株30銘柄平均…買付時に株価の0.5%と為替レートに0.35円をそれぞれ上乗せしたものを使用、評価時に株価の0.5%と為替レートから0.35円を差し引いたものを使用。225連動型上場投資信託(ETF):取引コストは加味されておりません。
※ご注意:当該シミュレーションは、過去の実績であり、将来の成果を予測・保証するものではありません。
※データ:Bloombergからのデータをもとに算出。

One Tap BUY利用者の約7割が初心者というデータもある。つまりは投資初心者が安心して投資を始めることができる環境が整っているということだ。

「銀行預金にしておくのはもったいない、でも投資はハードルが高い」……そう思っている人は、一度One Tap BUYを検討してみてはどうだろうか。

appstore googleplay

■運営会社
株式会社One Tap BUY
金融商品取引業者
関東財務局長(金商)第2883号
加入協会/日本証券業協会

実際に株式投資を始めてみる

株初心者はどこで口座開設してる?ネット証券ランキング(PR)

■口座開設数1位、IPO取扱数1位、投信本数1位、外国株取扱国数1位
>> SBI証券の口座開設はこちら

■口座開設数2位、外国株や投資信託に強く、マーケットスピードも使える
>> 楽天証券の口座開設はこちら

■米国株の取扱に強く、IPO取扱数2位、ミニ株も取引できる、手数料も安い
>> マネックス証券の口座開設はこちら

■三菱UFJフィナンシャル・グループで安心、ミニ株も取引できる
>> カブドットコム証券の口座開設はこちら

■業界最安水準の手数料が売り
>> ライブスター証券の公式ページはこちら

■どの約定金額でも手数料最安レベル
>> GMOクリック証券の口座開設はこちら

■IPO当選確率を上げるならおすすめ、ツールも魅力的
>> 岡三オンライン証券の口座開設はこちら

■少額取引の手数料が0円
>> 松井証券の口座開設はこちら

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)

【あわせて読みたい 「株主優待」記事】
オリックスの株主優待の魅力とは? おすすめの人や企業を徹底分析!
「クオカード」をもらえる株主優待16選 投資の際の注意点とは?
ダイヤの結婚指輪もおトクに変える?おトクな優待銘柄
価値開発---2017年度株主優待、運営ホテル及びフランチャイズの一部ホテルを優待価格で利用可能に
JAL---買い優勢、株主優待狙いの資金が向かう

【あわせて読みたい 「人気」記事】
タカタ「1週間で株価10倍」 上場廃止なのにどうして?
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?
中国の人口第1位は北京・上海ではなく「危険」なあの都市――人口1000万人が14都市に
日産・ルノー・三菱自3社連合、世界販売台数で初のトップに 2017年上半期
「世界の都市総合力ランキング」1位は5年連続ロンドン、東京は?