medium_11681149113


「空港の両替所」以外にも方法はある?

昨今、日本人の海外旅行者は爆発的に増加しています。その数は、2013年には1700万人を超え、2000万人に迫る勢いです。日本の人口が1億2000万人なので、単純計算で毎年6人に1人が何かしらの理由で海外に出かけていることになります。もちろん、一人で何度も出かけるビジネスマンもいますが。いずれにせよ、海外渡航は、我々にとってますます身近な存在になってきているといえます。

ところで、海外に旅行するには現地の通貨が必要となりますが、みなさんはどうやって現地の通貨を調達しているでしょうか?  大半の方々が、空港の両替所を利用していると思います。空港の両替所を利用することにより、安全で即効性の効いた両替を行うことができるためです。しかし、通常手持ちの円をドルに変えたい場合、会社によっても異なりますが、両替所では、1ドルあたり3円ほど手数料が取られます。例えば、3,000ドルに両替したい場合、手数料は9,000円となり、10,000円近くもの費用が取られてしまいます。これでは、海外旅行の貴重な軍資金が手数料に取られてしまい、実にもったいない話となってしまいます。そこで、今回は別のお得な両替方法をご案内します。


外貨預金を使う

外貨預金とは、円をドル等の外貨に変えて、預金をすることです。外貨預金のメリットは、円をそのまま銀行に預けることに比べてはるかに高い金利を得ることが挙げられます。それに留まらず、さらにうまく行けば為替差益も得ることができます。しかし、外貨預金の機能はこれだけではないのです。

実は、外貨預金は海外旅行のためのお金をプールする場としても有効に使えます。外貨預金だと、両替所よりもずっと低い手数料で外貨を購入することができます。例えば、アメリカに旅行に行く予定があり、「円高になったらドルを持っておきたいな」と思った場合、外貨預金という形でドルに変えておいて、あとは必要なときにその口座からドルとして引き出し、買い物や宿泊費などに使うことができるのです。金利が低い円預金ではなく、外貨預金にし、その預金をそのまま必要に応じて外貨として使う。これが、外貨預金を上手く活用した方法です。


「FX会社」の外貨両替サービスを使う

さらに、あまり知られていないのですが、「FXを使う」という方法もあります。「え?FXって証拠金取引だから、外貨に直接変えることなんてできないんじゃないの?」と思った方もいらっしゃると思います。ところが、昨今一部のFX業者では「外貨両替サービス」「現受」という名で、証拠金取引を行いポジションを保有している外貨をそのまま現物として受け取れるサービスを行っています。そもそも、FX会社は手数料0を打ち出しているところがほとんどです。さらに上記サービスのほとんどが0円~500円(一回)という低料金。手数料がほとんどかからず外貨に両替が可能となるのです。1,000ドルを両替する場合、両替所と比べて3,000円もお得となります。

ただ、一方でデメリットもあります。まず、両替の最低額を設けているところが多いことです。一般的には1,000ドルから両替が可能ですので、300ドルとか500ドルとかのような少額だとやはり両替所など、他のところに頼らざるを得ないのです。もう一つは、 FX会社で扱っている通貨のみ両替が可能なことです。FXという性質上、会社で扱っている通貨のみ両替が可能なことまた、扱っていたとしても中国元や香港ドル、南アフリカランドなどは両替ができないところが多いそうです。あくまで、ドルやユーロ、豪ドル等のメジャー通貨をお得に変えたいという人はFXの口座開設をしてみてもよいかもしれません。

FXについてより詳しく知りたいと思った方はこちら
>> FXに興味を持った方必見!!儲けのポイントとリスクはどこにある?

少額の資金で大きな資金を動かすFX取引!!リスクの理解も欠かさずに!

photo credit: Aleksander Markin via photopin cc