中国人の印象では、日本とは資源に乏しい国である。ところが近年、中国木材市場の旺盛な需要を受け、日本産木材の輸出が急拡大を続けている。

「今日頭条」「鳳凰財経」などのネットメディアの報道によると、日本はすでに中国の木材市場に一定のポジションを確保したようだ。日本は、知らないところで資源輸出国となっていた。日中それぞれの事情を探ってみよう。

中国国有林の伐採禁止

中国,輸出,木材
(画像=Sean Pavone / Shutterstock.com)

中国の森林覆蓋面積は、世界有数の151億立方メートルである。しかし覆蓋率は20.36%(2012年)と低く、一人当たり森林面積は小さい。木材の品質に特段優れた点もなく、中国は森林国家というには遠い。しかし木材消費では世界二位である。

人民日報の報道によれば、国内の天然林に“大径級”木材資源はほとんど残っていない。一方備蓄や植林はすでに一定の規模に達している。しかし日本とは違い、資源化するにはまだ時間を必要とする。

2015年4月、政府は東北(遼寧省、吉林省、黒竜江省)と内蒙古自治区における重点国有林の商業伐採を禁止した。その後、2017年には、天然林の伐採は全面禁止となった。さらに環境保護の立場から、“粗放”な経営をしていた大量の木材業者に、営業停止や業務改善命令を課した。これらはダブルパンチとなり、木材原料の不足と、値上がりをもたらした。

こうした理由により、2017年、中国の木材輸入は合計一億立方メートルを超え、前年比15.6%も伸びた。需要はますます増加していて、必然的に輸入に頼る他はない。ここに日本商品“爆買い”の新しい局面が現れた。

森林国家・日本

一方の日本は、森林覆蓋率67%という森林国家だ。森林蓄積量は49億立方メートル。計画的な植林により、全体の61%は人工林だが、その半分は樹齢10年以上である。

農水省の統計によれば、2017年日本全国の木材輸出額は326億円、前年比37%の大幅増だった。38年ぶりの高水準である。九州はとくに好調だ。門司税関の統計では、九州経済圏の木材輸出は116億円、前年比70%に達し、史上最高を記録した。九州地区の木材輸出は、2012~2017年の5年間に7倍となった。

さらに2018年の第二四半期、日本企業の木材と木材製品の輸出は465億円となり、21世紀以降の四半期では、最高を記録している。

杉材の対中輸出激増のワケ

この輸出活況を支えているのは、紛れもなく中国である。2017年、日本木材輸出の40%は中国市場向けだった。そして2018年1~4月のシェアは、なんと70%まで上昇しているのだ。

2017年、九州経済圏が輸出した原木のうち80%は杉材だった。杉は北半球の温帯に幅広く分布し、家具製作におけるコストパフォーマンスは高い。

しかし日本杉の香りは刺激的で、色差は大きく、節も多いなどの難点から、これまで中国では、梱包用の箱やお盆などの小型用途が中心だった。また中国の建築法規「木結構設計規範」は、日本杉の柱材としての使用を許可していなかった。これは改正されて、2018年8月からは使用できるようになる。

日本木材輸出振興協会は、高所得の中国沿海部では、日本風情の木造建築が増えつつある、と分析している。内装用資材としての木材利用も増えている。

日本の杉材は、中国の旺盛な需要に応えられるのだろうか。杉の成長には20年前後かかる。日本は第二次大戦以降、計画的に造林し、その中で杉の比重は44%もある。その上、成熟林は多い。供給力は十分にありそうだ。

新しい輸出商品に育つ

筆者は2000年代、毎年内蒙古自治区を訪れていた。そのころ禿山に、さかんに植林を行っていた。最初は、植林した組織、例えば、人民解放軍〇〇部隊、などの立て看板が誇らしく輝いていた。

しかしその看板はすぐに傷み、樹木は荒れてきた。中国人に限らず大陸の人間とって、自然は制圧するものであり、自然と共生する、という思想は薄いようだ。長期戦略より、現在の収益を優先させる。計画的な造林は困難を伴う。

日本人は緻密な計画を、着実に遂行していく。安定的な供給を望むなら、最高のパートナーだろう。このウインウインの関係は当面続きそうだ。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)