近年、「スマホトレーダー」と呼ばれる人も登場するほど、FX取引においてスマートフォンは必須のアイテムとなりつつあります。そこで今回は、スマートフォンでFX取引をするメリットや、おすすめのスマホアプリなど、スマートフォンでのFX取引について解説していきます。

スマホアプリを使うメリットとは

FX,スマホ,おすすめ
(画像=PIXTA)

FX取引といえば、多くのディスプレイを並べて、さまざまな指標や情報をチェックするイメージがあり、スマートフォンだけで可能なのだろうか?と疑問に思う人もいるでしょう。しかし今や、スマホアプリはFX取引で欠かせないものになりつつあります。まずはFX取引でスマホアプリを利用した場合のメリットを考えてみましょう。

いつでも手軽に取引が可能

スマホアプリを利用すれば、忙しいサラリーマンでも、仕事の休憩時間や通勤時間などを利用して、FX取引が可能です。また、家にいる主婦なども、いちいちパソコンでFXのトレード画面を立ち上げることなく、ちょっとした時間にすぐにトレードができる点も魅力です。

特にFX取引は、スピード感が重要です。市場に動きがあった際に即対応することで、利益を得られる可能性があります。スピード感をもって取引を行うためにも、スマホアプリは重要なアイテムと言えるでしょう。

そのため、アプリの性能が重要になります。リアクションが遅かったり、使い勝手が悪く発注がしにくかったりするようでは安心して取引をすることができません。アプリにおいて使い勝手は非常に重要なため、できる限りデモトレードができるアプリを選び、実際の使用感を確かめておくとよいでしょう。

操作性がシンプルで素早く取引ができる

FXのスマホアプリは、日進月歩の進化を続けています。パソコンのFX取引と比較しても、スマホアプリのほうが直感的に操作でき、使いやすいというケースも珍しくありません。

スマートフォンと比較して画面も大きく、キーボードやマウスを使用できるパソコンでの取引は、多くの機能を使いこなすことができるため、、じっくり検討しながら行うFX取引に向いています。

一方、スマートフォンは画面も小さく、基本的に画面タッチで操作をすることから、複雑すぎると使い勝手が悪くなります。特にFX初心者は、アプリのほうがシンプルで操作性が高いため、トレードの基本を学ぶには最適と言えるでしょう。

少額投資に対応したスマホアプリも多数

FX取引では、最低トレード単位を1万通貨単位としているFX会社が一般的です。しかし、スマホアプリでのサービスを展開しているFX会社の多くは、1000通貨単位からの少額取引に対応しています。

FX取引に興味はあるが、いきなり1万通貨単位での取引には不安な人や、少額でFX取引を試してみたいという人には、こうした少額取引に対応しているアプリがおすすめです。ただしFX会社によっては、1000通貨単位での取引を行っているものの、別途手数料が必要となる場合もあるので注意しましょう。

初心者にはスマホアプリがおすすめ

FX取引に興味はあるものの、経験がなく、経済関連のニュースや単語にもなじみがないという人も多いでしょう。そのような人にとっては、FX取引で使用するチャート画面は、複雑なイメージがあるかもしれません。

こうしたFX初心者におすすめなのがスマホアプリです。スマートフォンは画面サイズに制限があり、画面タッチでの操作に限られているため、チャート画面も無駄を省いたシンプルなものとなっています。

このシンプルさが初心者にはFX取引を理解する手助けになるはずです。まずはアプリのシンプルな画面でFX取引の基本を理解し、その次にパソコンでより高度な取引をするのがおすすめです。

Q


初心者におすすめのトレード方法とその理由は?


田畑昇人さん
個人投資家

まずは、きちんとPDCAサイクルが回せるかどうかが重要だと思います。出来高がそれほど多くない日のチャートデータを検証しても、それはただのノイズの可能性があります。私は、ボラティリティの高い、出来高が多い局面でなければ、トレードをしても利益を出すのは難しいと考えています。なので、重要経済指標後など出来高が多いであろう時間・日にちの後で、取引の試行錯誤をすることによって、上達も早くはなると思います。

羊飼いさんのインタビュー記事はこちら


田畑昇人さん
> 個人投資家

まずは、きちんとPDCAサイクルが回せるかどうかが重要だと思います。出来高がそれほど多くない日のチャートデータを検証しても、それはただのノイズの可能性があります。私は、ボラティリティの高い、出来高が多い局面でなければ、トレードをしても利益を出すのは難しいと考えています。なので、重要経済指標後など出来高が多いであろう時間・日にちの後で、取引の試行錯誤をすることによって、上達も早くはなると思います。

羊飼いさんのインタビュー記事はこちら


FXのスマホアプリの選び方

多くのFX会社がスマホアプリを提供していますが、当然ながらアプリによって使用感は大きく異なります。そこで、FXのスマホアプリを選択する際に、注目すべきポイントをまとめました。

チャート機能の豊富さ

スマホアプリはパソコンと比較して使いやすいとは言っても、「情報が少ないから使いやすい」のでは意味がありません。特に取引をするうえで重要な判断指標となるチャート画面に関しては、機能が豊富なほうが望ましいでしょう。

チャートで重要なポイントは、テクニカル分析の指標をどれだけ表示できるか、オシレーター系のチャートの表示ができるか、指標の表示・非表示の操作性はいいか、といった点です。チャート画面において、豊富な機能を使いやすく提供しているアプリを選びましょう。

注文画面は使いやすいか

チャート画面で相場を確認したら、いよいよ注文です。注文画面で気をつける点は、スムーズに注文できるかどうかです。注文画面になってからあまりにも複数の操作を要求するようなアプリは使いづらいうえに、操作ミスで誤発注をしてしまう可能性もあるので、注文画面はシンプルで使いやすいアプリを選びましょう。

また、中にはクイック注文ができるアプリもあります。FX取引に慣れている人は、そのような機能を持っているアプリのほうが、素早く注文できるでしょう。

通知や表示はカスタマイズしやすいか

スマートフォンの画面はサイズが限られています。パソコンのように画面上に多くの情報を表示することはできません。そこで重要になるのが画面表示のカスタマイズです。

よく取引を行う通貨ペアを優先的に表示させたり、頻繁に使うテクニカル分析の項目をすぐに表示させたりするといったカスタマイズは非常に重要です。

アプリからの通知機能に関しても、必要な情報のみ選択して通知してくれるようなアプリを選びましょう。これらのポイントを確認するためにも、可能ならば実際にデモトレードを利用してみるのがおすすめです。

FX
会社
取引
単位
取引
コスト
スワ
ップ
キャッ
シュ
バック
総合
評価
YJ FX


通貨

0.2
銭~

高い

2万
7千円

優秀
FXプライム byGMO

通貨

0.3
銭~

普通

50万
5千円

やや
優秀
みんなのFX

通貨

0.2
銭~

普通

5万円

普通
※2020年7月現在

おすすめスマホアプリ①YJFX!

おすすめのスマホアプリの一つはヤフーグループのYJFX!が提供する「Cymo」です。

チャート分析が見やすい

投資判断の中心となるチャート表は、シンプルな表示で非常に見やすくなっています。移動平均線やボリンジャーバンドなど、テクニカル分析に必要な指標もワンタッチで表示できます。

オシレーター系の指標も5種類あり、直感的な操作で表示・非表示を選択可能です。

レポートの閲覧などスマホでできることが豊富

スマートフォンならではの機能として、アプリ内で経済ニュースやレポート記事を閲覧することができます。ニュース記事は重要度別にランク付けされているので、重要な情報を見逃すことも少ないでしょう。


Q


利用しているFX会社とその理由を教えてください


田畑昇人さん
個人投資家

自分は、YJFXのCymo(サイモ)というアプリが使いやすいと思っています。YJFXはFXに特化しているので、証拠金を移動する必要がない点も初心者にはありがたいのではないでしょうか。

羊飼いさんのインタビュー記事はこちら

()

田畑昇人さん
> 個人投資家

自分は、YJFXのCymo(サイモ)というアプリが使いやすいと思っています。YJFXはFXに特化しているので、証拠金を移動する必要がない点も初心者にはありがたいのではないでしょうか。

羊飼いさんのインタビュー記事はこちら


おすすめスマホアプリ②みんなのFX(トレーダーズ証券)

みんなのFXのスマホアプリも使いやすく、評価の高いアプリです。アプリ最大の課題は画面の小ささと操作性です。みんなのFXのアプリはこの2つの課題に答えたアプリと言えるでしょう。

画面表示のオプションが豊富

みんなのFXのスマホアプリは、画面表示のオプションが豊富です。チャート画面でも、テクニカル分析に使用する指標はもちろん、描画ツールも充実しています。

これらが誤操作をしづらい形で画面に表示されるので、短時間で投資判断が可能です。

スピーディーな注文が可能

みんなのFXのスマホアプリの特徴として、注文画面が簡略化されており、スピーディーに注文できることが挙げられます。通常のアプリではレート一覧画面から注文画面に移行して発注するのが一般的ですが、レート一覧画面からいきなり発注することが可能です。

誤操作を防ぐために、スライド式のロックボタンも搭載しているので、発注を入れたいタイミングで素早く注文ができることも魅力です。

サトウカズオさん(FXトレーダー)
FX自動売買ではトラリピでも運用していました。一度設定したら”ほったらかし”で利益が増えていくとても良いシステムだったのですが、スプレッドは広く全然約定しません(涙)。もう一周回って手動設定でやったるわ!ということではじめました(笑)。各通貨のスプレッド・スワップポイントもBEST3には入るスペックですので、裁量の方も手動自動売買の方も満足できるかと思います。最近追加されたヒートマップ機能も面白く参考になります。(ブロガー仲間内でも悪く言う人はいないですね。)
(手動トラリピのやり方は是非当ブログで(笑) 。


おすすめスマホアプリ③FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOの「PRIMEアプリS」も多くのトレーダーから高評価を得ています。FXプライムは、過去9年間の営業で一度もサーバーダウンを起こしたことがなく、信頼できるFX会社でもあります。

トレンドライン機能の実装

「PRIMEアプリS」の最大のポイントは、テクニカル分析に欠かせない指標の充実です。全18種類の指標を搭載しており、同時に2つの指標を表示できます。また、チャートにはトレンドラインの表示も実装。スマホアプリでは珍しい機能であり、トレード経験の浅い人でも、一目で分かりやすいチャートが評判です。

注文機能・閲覧機能も充実

注文機能では、ハイスピード注文に対応しており、ベストなタイミングでの注文が可能です。また、過去の履歴の閲覧機能はもちろん、過去の値動きの閲覧機能も搭載されています。統計分析にも役立ち、FX取引の基礎を勉強するには最適なスマホアプリです。


まとめ

これまでのFXのスマホアプリは、「サラリーマンなど忙しい人でも、どこでもFX取引できる」というのが最大の特徴でした。

しかし近年ではスマートフォンを中心にFX取引をするスマホトレーダーが登場しているように、いつでもどこでもできるというのは当たり前で、アプリ自体にさまざまな付加価値がつくようになっています。

もはやスマートフォンは「スマホでもトレードできる」ではなく、「スマホだからこそできるトレードがある」ほどになっています。これを機会に、ぜひスマホアプリでFX取引を始めてみましょう。

実際にFXを始める

■FX口座数国内第1位
>>DMM FXの口座開設はこちら

■業界最狭水準のスプレッドが魅力
>>LIGHT FXの口座開設はこちら

■FX取引高8年連続世界第1位(※)
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

■信頼性の高いインフラ体制が魅力
>>ワイジェイFX(YJFX!)の口座開設はこちら

■業界最高水準のスワップがうれしい
>>みんなのFXの口座開設はこちら

■1通貨から取引可能
>>SBI FXの口座開設はこちら

■高い約定率で快適な取引を実現
>>FXプライムの口座開設はこちら

■自動売買「トラッキングトレード」が人気
>>FXブロードネットの口座開設はこちら

■高機能なツールで取引をサポート!
>>ヒロセ通商の口座開設はこちら

■自動売買取引で始めやすい
>>インヴァスト証券の口座開設はこちら

■お申込み当日から取引可能
>>LINE FXの口座開設はこちら

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)