ピーター・リンチ
(画像=Thinkstock/Getty Images)

目次

  1. ニッチ産業への投資戦略
  2. 独占的シェアを持つ企業を探せ
  3. 「ニッチ産業」の定義とは?
  4. 経済産業省もニッチ産業に注目
  5. 求められるのはリンチ流の徹底したリサーチマインド

ニッチ産業への投資戦略

伝説の投資家ピーターリンチ氏の投資哲学に迫る本連載。【第6回】まで、投資先選定に際する考え方を取り上げてきた。いずれもリンチ氏のユニークかつ大胆な視点に根ざしたものであるが、徹底したリサーチマインドに支えられた投資法であることもご理解頂けたかと思う。 連載前編の最後となる【第7回】ではニッチ産業の魅力について。ニッチ戦略は投資においても有効であるが、氏は「ニッチ」をどのように定義しているのだろうか。着目すべきポイントを解説する。

独占的シェアを持つ企業を探せ

長期の株式投資の世界ではウォーレン・バフェット氏と並び、神様的な存在になっているピータ・ーリンチ氏は自著で13の投資銘柄選択指針を示している。そのなかの9番目に示されているのが「ニッチ産業」への投資だ。

リンチ氏はその中で、ニッチで独占的なシェアをもつ会社を日常的に探していると記している。それだけの魅力が「ニッチ産業」にあるということの示唆である。今回はその「ニッチ産業」をクローズアップしてみることにする。

「ニッチ産業」の定義とは?