電子株取引画面

(写真=PIXTA)

ピーター・リンチ氏は、運用したファンドの資産を13年間で777倍にした伝説を持つ稀代の投資家である。今やウォーレン・バフェットと並び称せられるほど有名な存在で、世界的にも高い評価を得ている。リンチは自著「ピーター・リンチの株で勝つ」の中で投資対象企業選びの13のポイントをわかりやすく説明している。その筆頭にくるのが「面白みのない、または馬鹿げている社名」というテーマである。これはいったいどういうことを示しているのだろうか? 今回はその意味を深堀りしてみる。

投資をためらう人間がおり、割安になる

本書によれば、投資企業の社名が地味だと投資をためらう人間がおり、そのぶん株価は割安になるという。本書には実際の米国系の企業名が実例として並んでいる。

面白みのない社名というのは、つい見逃しがちで社会的にも投資の世界においても目立たない存在になることが多い。また馬鹿げている社名の会社の株は、プロでも投資先として推薦しにくく、機関投資家が真っ先に避けて通ることになるため、安価で購入できる可能性がきわめて高くなる。個人投資家にとっては友人や知人に自慢しにくく、買いにくい銘柄となるという。

もともとリンチの投資手法は超長期投資が主体となるので、話題とならない優良銘柄をいかに早く探し当てるかに大きな努力を払っている。その第一歩として社名によるフィルタリングを行っているのだ。

社名だけで判断しているわけではない

リンチの投資対象選びのポイントは、個人投資家の興味がわくように実におもしろおかしく書かれているが、実際の投資では名前だけで購入するといった安易な手法は決して取らない。その企業の財務状況や投資価値についてしっかり分析しているのだ。低成長株なのか優良株なのか、はたまた急成長株に属するのか、市場関連株か。業績回復株か、あるいは資産株なのか、などを見極めている。

その緻密さにはさすがピーター・リンチといえるものがあり、リンチを知る人々はことごとく彼のきめ細かい分析手法を賞賛している。それだけ繊細な神経を使って投資先を選別しているからこそ成功をおさめているのだろう。リンチの投資法をまねるのであれば、彼の言葉の裏に隠れたセンテンスときめ細かい発想をしっかり理解していくことが肝要となる。(ZUU online 編集部)


【関連記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)