etf,配当,分配金
(写真=Thinkstock/Getty Images)

市場で取引されるETFにも、一般の投資信託と同じように分配金が支払われるものがある。中長期でETFに投資する際には、値上がり益を期待するだけでなく、分配金の有無も気になるところであろう。

そこで今回、国内株式、海外株式・債券、REITに分類したETF(外国籍ETFを除く)を、直近12カ月の分配実績(2016年3月31日時点)をもとに、それぞれ利回りの高いものから紹介したい。


ETFとは

ETFとは、上場投資信託(Exchange Traded Fund)のことである。上場している投資信託であるので、株式と同様、証券会社を通して売買取引を実施することが可能だ。ETFは日経平均株価やTOPIXと連動しているので、1つの企業の業績によって株価が大きく変動してしまう株式投資と比べると、ローリスクな投資商品だと言えるだろう。 また、10万円位から投資ができることも、株式投資と比べるとメリットと言える。株式投資の場合、少なくとも100株は購入する必要があるため、株によっては最低限数十万円~数百万円が必要になることもあり、投資家の資金によっては希望する企業の株式を入手できないこともあるからだ。

国内株式に関連した高分配金ETF

NEXT FUNDS 商社・卸売(TOPIX-17)上場投信 <1629>

市場価格:2万8140円(2017年3月31日終値)
分配利回り:3.78%
直近12ヵ月分配実績:1064円
分配金支払基準日:毎年7月15日
管理会社:野村アセットマネジメント

17分類の業種別株価指数(商社・卸売)に連動する投資成果を目指すETF。三菱商事、三井物産、伊藤忠商事などの銘柄が組み入れられている。

NEXT FUNDS 自動車・輸送機(TOPIX-17)上場投信 <1622>

市場価格:2万800円(2017年3月31日終値)
分配利回り:3.57%
直近12ヵ月分配実績:743円
分配金支払基準日:毎年7月15日
管理会社:野村アセットマネジメント

17分類の業種別株価指数(自動車・輸送機)に連動する投資成果を目指すETF。トヨタ自動車、本田技研工業、ブリヂストンなどの銘柄が組み入れられている。

NEXT FUNDS 機械(TOPIX-17)上場投信 <1624>

市場価格:3万1700円(2017年3月31日終値)
分配利回り:2.23%
直近12ヵ月分配実績:708円
分配金支払基準日:毎年7月15日
管理会社:野村アセットマネジメント

17分類の業種別株価指数(機械)に連動する投資成果を目指すETF。ダイキン工業、小松製作所、SMCなどの銘柄が組み入れられている。

他に、大和ハウス工業や積水ハウス、大東建託などの銘柄が組み入れられている「ダイワ上場投信・TOPIX-17 建設・建材<1636>」や、武田薬品工業やアステラス製薬、大塚ホールディングスなどの銘柄が組み入れられている「NEXT FUNDS 医薬品(TOPIX-17)上場投信 <1621> 」などが上位に入る。

海外株式・債券に関連した高分配金ETF

上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal EM 国債) <1566>

市場価格:5万2100円(2017年3月31日終値)
分配利回り:5.89%
直近12ヵ月分配実績:3071円
分配金支払基準日:奇数月の10日
管理会社:日興アセットマネジメント

英バークレイズが開発した新興国債券指数(円換算)に連動する投資成果を目指すETF。

上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型 <1677>

市場価格:5万800円(2017年3月31日終値)
分配利回り:3.24%
直近12ヵ月分配実績:1644円
分配金支払基準日:毎月10日
管理会社:日興アセットマネジメント

米シティグループが開発した世界の国債を対象とする債券指数(円換算)に連動する投資成果を目指す毎月分配型のETF。

NEXT FUNDS FTSEブルサ・マレーシアKLCI連動型上場投信 <1560>

市場価格:2468円(2017年3月31日終値)
分配利回り:1.94%
直近12ヵ月分配実績:86円
分配金支払基準日:毎年8月10日
管理会社:野村アセットマネジメント

円換算したFTSEブルサ・マレーシアKLCI指数(マレーシア証券取引所のメイン・ボードに上場する株式のうち時価総額が大きく流動性の高い上位30銘柄で構成される株価指数)に連動する投資成果を目指すETF。

他に、円換算したタイ株式SET50指数に連動する「NEXT FUNDS タイ株式SET50指数連動型上場投信 <1559>」、米MSCIが開発した主要国を対象とした株価指数(円換算)に連動する「上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI) <1680> 」などが続く。

REITに関連した高分配金ETF

上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT) <1555>

市場価格:1612円(2017年3月31日終値)
分配利回り:3.42%
直近12ヵ月分配実績:55.2円
分配金支払基準日:奇数月の10日
管理会社:日興アセットマネジメント

S&Pが公表する、オーストラリア証券取引所のREITを対象とした指数(円換算)に連動する投資成果を目指すETF。

上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型 <1345>

市場価格:1787円(2017年3月31日終値)
分配利回り:3.17%
直近12か月分配実績:56.64円
分配金支払基準日:奇数月の8日
管理会社:日興アセットマネジメント

東証REIT指数(東証市場に上場する不動産投資信託全銘柄を対象とした時価総額加重型の指数)に採用されているREITを投資対象とするETF。

NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信 <1343>

市場価格:1886円(2017年3月31日終値)
分配利回り:2.97%
直近12ヵ月分配実績:56円
分配金支払基準日:2月、5月、8月、11月の10日
管理会社:野村アセットマネジメント

東証REIT指数に連動する投資成果を目指すETF。

他に「NZAM 上場投信 東証REIT指数 <1595> 」 「 MAXIS Jリート上場投信 <1597> 」などが上位に入っている。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

実際に株式投資を始めてみる

株初心者はどこで口座開設してる?ネット証券ランキング(PR)

■口座開設数1位、IPO取扱数1位、投信本数1位、外国株取扱国数1位
>> SBI証券の口座開設はこちら

■口座開設数2位、外国株や投資信託に強く、マーケットスピードも使える
>> 楽天証券の口座開設はこちら

■米国株の取扱に強く、IPO取扱数2位、ミニ株も取引できる、手数料も安い
>> マネックス証券の口座開設はこちら

■三菱UFJフィナンシャル・グループで安心、ミニ株も取引できる
>> カブドットコム証券の口座開設はこちら

■業界最安水準の手数料が売り
>> ライブスター証券の口座開設はこちら

■どの約定金額でも手数料最安レベル
>> GMOクリック証券の口座開設はこちら

■IPO当選確率を上げるならおすすめ、ツールも魅力的
>> 岡三オンライン証券の口座開設はこちら

■少額取引の手数料が0円
>> 松井証券の口座開設はこちら

【あわせて読みたい 「ETF」記事】
なんとなくの「先行き不安」 お金の悩みはどう解消すればいい?
海外ETFのその特徴は!?〜メリット・デメリット〜
ETFと投資信託の違いを整理する
2018年開始予定の「つみたてNISA」 どんな人に向いてる?
日経平均は189円安でスタート、日銀のETF買い入れへの思惑、やや買い戻し優勢