auカブコム証券のジュニアNISA

豊富な商品ラインナップが魅力

概要

ジュニアNISAは未成年の長期にわたる資産形成のための制度です。

ジュニアNISAの大きな特徴として、注意したいのが、資産の引出しです。ジュニアNISAは、口座開設者が18歳(3月31日で18歳である年の前年12月31日)になるまでは払出しができません。同じNISAの一般NISAやつみたてNISAは自由に払い出しが可能ですが、ジュニアNISAは途中で払出しをした場合は、原則として過去に非課税とされていた利益に課税されます。子どもや孫の将来に向けた資産形成を主な目的としているためです。

この払出し制限が、ジュニアNISAの普及しなかった一因とも言われています。そして、2023年をもってジュニアNISAの制度は終了することが発表されました。

2024年以降は、保有している株式、投資信託等および金銭の全額について、年齢にかかわらず、非課税での払出しが可能になります。払出し制限が改善することを受けて、制度終了が発表されたにもかかわらず、ジュニアNISAの口座数が増加しています。一般NISAまたはつみたてNISAの非課税投資枠を使い切っており、ジュニアNISAの最大80万円(年間)の非課税投資枠を利用したい人は検討してみると良いでしょう。2022年を含め、2年間利用でき、最大160万円まで投資が可能です。

auカブコム証券のジュニアNISAでは、日本の各取引所上場銘柄(株式、ETF、ETNおよびREITなど)ならびに、auカブコム証券が選定した投資信託およびプチ株(単元未満株)を扱っています。ジュニアNISA口座における取引のすべての取引手数料を無料としている証券会社に比べると、auカブコム証券は一部の取引手数料を無料としており、分かりにくいと感じるかもしれません。

ジュニアNISAは一般NISAと異なり、au PAY カード決済による積立投資に対応していないため、注意が必要です。

取扱銘柄数

日本の各取引所上場銘柄および投資信託を幅広く取り扱い

auカブコム証券のジュニアNISAでは、約4,300銘柄の日本の各取引所上場銘柄(株式、ETF、ETNおよびREITなど)ならびに、同社が選定した1,555本投資信託および約3,200銘柄のプチ株(単元未満株)を扱っています。なお、国内株式にはIPOおよびPOを含みます。

ただし、auカブコム証券でも取り扱いがある米国株式はジュニアNISAの対象外であるため、注意が必要です。ジュニアNISA口座で海外株式を取引したい人は、他の証券会社を検討しましょう。

国内株

約4,300銘柄の日本の各取引所上場銘柄

auカブコム証券のジュニアNISAでは、約4,300銘柄の日本の各取引所上場銘柄(株式、ETF、ETNおよびREITなど)を扱っています。また、約3,200銘柄のプチ株(単元未満株)もジュニアNISAの対象であるため、値がさ株も含めて最大80万円(年間)という非課税投資枠内で買い付けることができます。非課税投資枠内で多様な銘柄に投資をしたい人は、プチ株は魅力的でしょう。通常の課税口座における取扱銘柄数と同様になっており、auカブコム証券での取引に慣れている人には使い勝手が良いでしょう。

海外株

ジュニアNISAの対象外

auカブコム証券では、取り扱いがある米国株式はジュニアNISAの対象外です。

大手ネット証券のSBI証券や楽天証券では、米国株式をはじめ、中国株式などの新興国株式にくわえて海外ETFも対象となっています。ジュニアNISA口座を利用して海外株式へ投資をしたい人は、他の証券会社を検討しましょう。

投資信託

選定された1,555本の株式投資信託等を取り扱い

auカブコム証券のジュニアNISAでは、1,555本の株式投資信託等を取り扱っています。2022年8月1日現在で、国内株式ファンドは274本、海外株式ファンドは539本、バランスファンドは742本の投資信託がジュニアNISAの対象になっています。ただし、一般NISAと異なり、積立投資はau PAY カード決済を選択できない点は注意しましょう。

auカブコム証券のジュニアNISAにおける投資信託の人気ランキングでは、一般NISAと同様に、信託報酬が低く設定された「eMAXIS」および「eMAXIS Slim」シリーズが上位を占めており、特に海外株式を投資対象とした投資信託に人気があります。

IPO対応

auカブコム証券のジュニアNISA口座はIPOに対応

auカブコム証券はジュニアNISA口座を利用したIPO(Initial Public Offering:新規公開株)、PO(Public Offering:公募、売出)への投資が可能です。IPO投資は比較的利益が出やすいことから、ジュニアNISA口座との相性が良いと言えます。

auカブコム証券では三菱UFJモルガン・スタンレー証券が引き受けるほとんどのIPO、POに申込が可能になっています。大手証券会社と比較すると、IPO取扱実績数はやや見劣りする印象で、割当株数が多いIPO主幹事数もゼロとなっています。最大80万円(年間)までという非課税投資枠を利用したIPO投資を考えている人は、他の証券会社も検討しましょう。

手数料

すべての商品が買付手数料無料

auカブコム証券ではジュニアNISA口座で取引する場合、日本の各取引所上場銘柄(株式、ETF、ETNおよびREITなど)の取引手数料が無料です。また、同社が選定した投資信託は買付に限り一律手数料が無料です。さらに、プチ株(単元未満株)は積立投資に限り買付手数料が無料です。

なお、ジュニアNISA口座の開設手数料や維持手数料も無料となります。

今、読まれている記事