米著名投資家、ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイが、出資先であるバンク・オブ・アメリカの配当引き上げにあたり、所有している優先株を1株7.14ドル(約801円)で普通株7億株に転換すると発表した。

ワラント(株式買取権)付きの優先株はバークシャーが2011年、バンカメの資金救済に乗りだした際に50億ドル(約5614億円)で取得したもので、執行にあたり実質上バークシャーがバンカメの筆頭株主となる。

普通株へ転換で年間3億3600万ドルの配当を期待

バフェット,バンカメ,株主,銀行
(写真= Kent Sievers/Shutterstock.com)

発表前日(6月29日)のバンカメの株価は終値で24.32ドル(約2730円/CNBC調査) をつけており、単純計算するとバークシャーの所有株は170億ドル(約1兆9087億円)相当の価値があることになる。すでに投資した50億ドルを差し引いても120億ドル(約1兆3473億円)の紙上利益(未回収の利益)だ。

バンカメは6月に結果が発表されたFRB(米連邦準備理事会)のストレステスト (健全性審査)に、JPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックス、シティと共に合格。第3四半期の配当を1株当たり7.5セントから12セント(約7.9円から13.5円)に引き上げると発表した。

ロイターの報道 によると、バークシャーは優先株の配当よりも3600万ドル(約40億4208万円)増となる、3億3600万ドル(約377億2608万円)という巨額の年間配当を得ると期待できる。

現時点におけるバンカメの筆頭株主は、6億5240万株を所有するバンガード・グループだ。バンカメは取締役会で、2016年7月から2017年6月にわたる50億ドル(約5614億円)の普通株買戻しも承認している。

バンカメを株価暴落の窮地から救ったバフェット氏