バフェット氏
(写真= Kent Sievers/Shutterstock.com)

世界中の投資家が「神様」と崇める、世界最大の米投資会社バークシャー・ハサウェイの最高経営責任者(CEO)のウォーレン・バフェット氏(86)。優良株が下落した局面で大量に仕入れ、長期保有して利益を大きくする「バリュー投資型」の手法で有名だ。

そのバフェット氏は、最近「変節」が多い。「よくわからないものには投資しない」という理由で避けていたはずのテクノロジー株が、好例だ。いつの間にか米IBMや米アップルにも大規模な投資を行い、それなりの成績を上げている。また、「堅実に成長する米国企業のみを投資対象にする」と公言していたが、近ごろのバークシャー・ハサウェイのポートフォリオには、外国企業の名前も散見されるようになった。

そして昨年、バフェット氏はもう一つの心変わりをする。バフェット氏は、ちょうど10年前の2007年に、毎年恒例の投資家への書簡で米航空業界を「底なし沼」だとこき下ろしていたのだが、その業界へ、新たに10億ドル規模の投資を開始したのである。

この「オマハの賢人」が「変節」するたびに、「バフェット爺さんは、ついに耄碌(もうろく)したか」との声が上がる。今回こそ、バフェット氏は老いて判断を誤ったのだろうか。

航空業界に懲りた理由、投資を再開したワケ

バフェット氏が以前、航空業界を見限ったのには、それなりの理由があった。2007年の書簡で同氏は、「安定して大きな利益を出す公益企業と違い、航空会社は急成長をするが、その成長を支えるために莫大な資本投下を必要とするため、利益が非常に小さくなるか、あるいは全くなくなってしまう」との見解を表明。「投資家たちは、この底なし沼に資金を投入し続け、大損を被った」とした。

さらにバフェット氏は、1989年にバークシャー・ハサウェイが、(アメリカン航空と2015年に合併して消滅した)旧USエアウェイズの優先株に投資したものの、同社の経営が悪化し、利益を優先して受け取れるはずの優先株でさえ、配当がなかった時期を回顧。たまたま1998年に巡ってきた売るチャンスを逃さずに、2億5000万ドルの売却益を得たが、その後、旧USエアウェイズは2回も破産したと述べ、「航空業界はもう懲りた」と、失敗談を語ったのだ。

だが、バークシャー・ハサウェイが昨年11月に公表したところによると、同社はアメリカン航空、デルタ航空、サウスウェスト航空、ユナイテッド航空の4社の持ち株会社などに、合計10億ドル以上の投資を始めた。

ブルームバーグ通信がバークシャー・ハサウェイ内部の情報に詳しい者の話として伝えたところによると、この投資判断は、バフェット氏が信頼し、10億ドル規模の投資権限を与えている副官、テッド・ウェシュラー氏の説得によるものだという。

ウェシュラー氏は昨年3月のある投資セミナーで、旧知の間柄であるアメリカン航空のダグ・パーカー最高経営責任者(CEO)が、「米航空業界における、赤字垂れ流しの原因であった過当競争の時代は、業界再編が完了したことで、終わった」と宣言したことに注目したという。パーカーCEOはさらに、「我々は今や、効率的で、顧客の要望に応えられる体質になった」と説き、それに共鳴したウェシュラー氏が、最終的にバフェット氏を説き伏せたとされる。

バフェット氏は11月と1月のインタビューで、航空業界への投資再開の判断の理由についてコメントを拒否した。だが、1月のインタビューでは、「決断をしたのは、だいたいのところ自分であった」と認めている。米投資会社モーガンクリーク・キャピタル・マネージメントのマーク・ユスコ氏は、バフェット氏の変心を評して、「偉大な投資家は、(投資先の)客観的状況が変化した場合、前言を翻すことを恐れないものだ」と述べている。

だが、アメリカン航空のパーカーCEOが描いて見せ、ウェシュラー氏やバフェット氏が「買った」バラ色の未来は幻想に過ぎないとの声もある。米投資サイト『グル・フォーカス』は、「航空業界における、従来からの過当競争や燃料費・人件費などの高コスト体質は改善されておらず、一般の投資家には向いていない」と手厳しい。

それでも年初来、これら航空会社の株式は最低2.5%から最高10%まで、高騰を続けている。バフェット氏の賢明な判断力は、健在のようだ。

経営者の世代交代のよい手本か

バフェット氏は、以前、自ら「絶縁」を宣言した米航空業界への投資再開を、自分で決断した。だが、そこに介在するのは、彼の後継者候補の進言である。

以前は避けていたIT企業アップルへの投資についても、2011年にバークシャー・ハサウェイのインテル株取得を主導したもう一人の信頼されている副官、トッド・コームズ氏の助言が絡んでいたと見られている。2015年に同社が、米航空宇宙製品メーカー、プレシジョン・キャストパーツに投資した時も、バフェット氏はコームズ氏の判断を追認している。

加えて、2012年にバークシャー・ハサウェイが米自動車大手ゼネラルモーターズへの投資を決めた際、バフェット氏は「その判断をしたのは、私ではない」と、はっきり述べている。

このように、重なるバフェット氏の「変節」は、後継者候補に投資判断と権限を予め大胆に委譲しておくという、バフェット氏の大局的な判断からもたらされたものだ。まだまだ現役で、判断力も鋭いままのバフェット氏ではあるが、86歳という高齢であり、いつ「お迎え」が来てもおかしくない。

たとえ、自分の旧来の信念に沿わなくても、柔軟に後継者候補の進言を受け入れ、「バフェット後」へのスムーズな移行を促進する「投資の神様」。投資面だけでなく、経営陣の世代交代のよい手本にもなりそうだ。(在米ジャーナリスト 岩田太郎)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)