ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
不動産投資【提供:アルファ・インベストメント】
アルファ・インベストメント
Written by ZUU online編集部 5,280記事

投資総額10兆円超えのPJ

マレーシア第2の都市を目指した「イスカンダル計画」にバブル崩壊のリスク?

マレーシア第2の都市を目指し政府主導で進められている「イスカンダル」計画をご存知だろうか。シンガポールの国境沿いのジョホール州に位置し、投資総額10兆円超えのビックプロジェクトだ。開発は2006年から20年間を予定している。

シンガポールの国境沿いのジョホールバル

マレーシア,ジョホールバル,イスカンダル,不動産
(写真=Thinkstock/GettyImages)

マレーシア最南端にあるジョホール州。国境を超えるとシンガポールがある州だ。ジョホール州の州都ジョホールバルとシンガポールは気軽に行き来できる。シンガポールとマレーシアではまず物価が異なる。そのため週末はジョホールバルに買い出しに訪れる、いわゆるシンガポーリアンの姿が後を絶たない。シンガポールのベットタウンとしても知名度を上げている。立地面から経済成長を見込まれている地域である。

IMFが2017年4月に発表したマレーシアの2017年の経済成長は4.5%だ。一方、ジョホール州で実施されているイスカンダル計画では7%〜8%の経済成長を見込んでいる。経済が成熟期に突入しているマレーシアにとって、この数値は大きな期待がかかっていることのあらわれと言えるだろう。

マレーシアでは急成長都市地域としてジョホールバル、ジョージタウン、クアンタンの3都市が指定されており開発拠点としても注目の場だ。ジョホールバルは場所柄か、外国人投資家たちも注目している地域であり、今後の行方が気になるところだ。

イスカンダル地区の不動産マーケットの状況は

イスカンダル地区に建設されたコンドミニアムは2014年あたりから完成を迎え、入居者が入り始めているが「思ったよりも需要が乏しい」といった現地の声が後を絶たない。

実際に購入したのは外国人投資家たちが多いというが、イスカンダルでの雇用状況から実際にこのエリアに住む人は増加しているとは言えない状況だ。シンガポールからの移住も増えていないという。将来性を狙って移住する人はいるが目立った動きは出ていない。日本人移住者はどうか?というと教育目当てで移住する人の姿が若干ある程度だ。

マレーシア国家不動産情報センター(Napic)が発表した「2014年次報告書」によると、2014年に1万3690戸の住居が供給されたのに対し、空室は約26%(3572戸)と空室率が高い。現在も建設は進められているが急ピッチで入居者を増やすのは非常に困難であり、すでにバブル崩壊か?といった声が上がっているという。

商業施設や工業施設についても供給がスタートしている。こちらの需要が増えない限り雇用の伸びも期待できない。また住居についても需要の伸びが厳しいところだ。

治安について

ジョホール州の治安についてはシンガポールと比較すると良いとは言いがたい状況だ。

ジョホール日本人会によると、2016年におけるマレーシアの犯罪届出件数は、人口10万人あたりの発生率で見ると、殺人が日本の約2倍、強盗が約25倍とスリ、置き引き、ひったくりなどが多いという。

シンガポールの富裕層が治安が悪いジョホール州に移り住むことは考えにくく、ジョホール州への移住への期待は厳しい状況といえる。開発および供給を進めても需要が伸びてていないことから、バブル崩壊が懸念される状況となっている。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
9月に読まれた記事ベスト10|トイザらス破産、スタバ以上のホワイトな企業とは……
時代が変わっても変わらない金投資の魅力とは?(PR)
住宅購入の前に読みたい記事5選|年収5倍までの住宅購入は正しいのか?
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)

マレーシア第2の都市を目指した「イスカンダル計画」にバブル崩壊のリスク?
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 夫婦2人なら月14万円前後で豊かな生活ができる「マレーシア」
NEXT タイは「月10万円」で豊かに暮らせる国 在留邦人数が過去最高に