my small maneki-neko / 私の小さい招き猫

ZUU-ONLINEでも過去何度か引用していますが、メリルリンチ・グローバル・ウェルスマネジメントとキャップジェミニが発行する 「ワールド・ウェルス・レポート」 とクレディ・スイスが発行する「グローバル・ウェルス・レポート」は、富裕層向けビジネスの分野で大変良く参照されるレポートです。

参考: 日本での家計の富や富裕層の特徴とは?〜グローバル・ウェルス・レポート2012より〜

ただ、国内の富裕層マーケットの研究に関しては、野村総合研究所による富裕層動向に関する調査もよく参考にされています。
本日は、野村総合研究所のレポート参考に、最新(2011年)の日本の富裕層動向のまとめを、図など用いてお届けします。

参考: 日本の富裕層・超富裕層は81万世帯、その純金融資産総額は188兆円(野村総合研究所)


①富裕層、超富裕層の定義

一口にお金持ちや富裕層と言っても、その定義は調査期間により異なります。

例えば、上記のワールド・ウェルス・レポートでは、富裕層を純資産100万ドル以上の人物としており、グローバル・ウェルス・レポートでは、純金融資産100万ドル以上の人物としています。この場合の純資産は総資産からローンなどの負債を除いた金額であり、純金融資産は純資産から不動産など固定資産を除いた金額で投資可能資産などとも呼ばれます。

このような定義の違いがありますが、日本の富裕層の人数はワールド・ウェルス・レポートでは約174万人(2010年)、グローバル・ウェルス・レポートでは約358万人(2012年)とされています。

そして、今回紹介させて頂く、国内で引用されることの多い野村総合研究所の調査では、純金融資産1億円以上を持つ世帯を富裕層、5億円以上持つ世帯を超富裕層と定義しています。


②日本の富裕層、超富裕層の人数

野村総合研究所 日本の富裕層・超富裕層は81万世帯、その純金融資産総額は188兆円 より。

日本では富裕層が約76万世帯で超富裕層が約5万世帯、合わせて約81万世帯が富裕層以上に該当します。81万世帯は日本の総世帯数約5000万世帯のうち、2%を満たしません。

なお、富裕層と超富裕層の合計資産約188兆円は全体の約17%にあたります。