積立NISAは毎月いくら積み立てられる?平均積立額や最適な投資額とは
(画像=Looker_Studio/stock.adobe.com)

年間40万円まで一定の投資信託に投資をすることが可能で、投資した年から20年間は非課税で運用できる積立NISA。そんな積立NISAですが、毎月いくら積み立てられるか知っていますか?

積立NISAは毎月100円から最大3万3,333円まで積み立てられます(その他、増額設定可能)。一方、実際にいくら積み立てると良いのかは悩む人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、積立NISAの毎月の積立額をはじめ、毎月100円など少額投資のメリット・デメリット、毎月3万3,333円投資するときのメリット・デメリットを紹介します。

また、最適な投資額の決め方や積立NISAの平均積立額などもわかるので、ぜひ積立NISAを始めるうえで参考にしてみてください。

つみたてNISAおすすめ
証券会社ランキング
証券会社の特徴 買付手数料 つみたてNISA
取扱銘柄数
最低積立金額 積み立て頻度 積立できるクレジットカードの特徴 カード年会費 クレカ積立の
還元率
first
1
口座開設をする 楽天サービスとの連携に強み
無料

181
100円〜 毎日
毎月
申し込む 楽天市場でお得!クレカ人気No.1
※保有者が日本一

無料

1.0%
※22/9買付分より一部変更
second
2
口座開設をする 口座数が国内No.1
無料

183
100円〜 毎日
毎週
毎月
申し込む コンビニ大手3社・マックで5%還元
最短5分で作れる

無料

0.5%
third
3
口座開設をする クレカ積立のポイント還元率1.1%
無料

152
100円〜 毎日
毎月
申し込む お買い物でも1.0%還元
550円
※条件付きで無料

1.1%
4 口座開設をする 初心者でも簡単!LINEから投資を始められる
無料

33
1000円〜 毎月 - - - -
5 口座開設をする auユーザー
必見

無料

171
100円〜 毎月 申し込む Pontaポイントが貯まる
無料

1.0%
※条件付きで最大5%に

積立NISAは毎月いくらかけられる?

238899_pattern2
(画像=238899_pattern2)

積立NISAは毎月いくらかけられるのかについて解説します。積立NISAは最低100円から最大3万3,333円まで積立購入が可能です。

積立NISAは毎月いくらかけられる?
・積立NISAは最低100円から始められる
・積立NISAは毎月最大3万3,333円の積立購入をできる
・積立NISAでは年間40万円までという積立金額の上限があるが、分配金再投資によって一部は課税対象になることがある

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

最低100円から始められる

積立NISAは、最低100円から始められます。そのため、「毎月投資できるほど家計に余裕がない」と不安に感じる人であっても、気軽に始められるのが大きなメリットです。

極端な例としては、毎月100円だけ2023年1月から2042年12月までの20年間(240ヵ月)積み立てた場合、積立額は2万4,000円となります。

仮に年率5.0%(毎月複利)で運用できたとすると、運用総額は4万1,103円ほどとなります。毎月100円積み立てただけで20年後には約4万円になっている可能性があるので、「何もしないよりは良い」といえるのではないでしょうか。

ちなみに投資信託の値段(基準価額)は例えば1万円などであり、一見すると100円で買えるような値段ではありません。

ではなぜ100円で買えるのかというと、例えば基準価額1万円は、1万口あたりの値段だからです。1口というのは投資信託の取引単位のことであり、つまりこの場合は1口1円で取引できることになります。

例えば基準価額1万円の投資信託は1口1円なので、100円で100口購入可能です。また、基準価額1万100円の投資信託は1口1.1円なので、100円で約91口購入できます。

なお、上記のとおり端数が出た場合に90口もしくは91口になるのかなどの端数処理は、投資信託の販売会社(証券会社など)が個別に定めるルールによって処理されているようです。

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

最大3万3,333円が積立可能

積立NISAは、1ヵ月あたり最大3万3,333円の積立購入が可能です。

一方で、毎月3万3,333円を買い付けると39万9,996円となり、非課税投資枠の40万円のうち4円を余らせてしまうことになります。

非課税投資枠40万円を余すことなく使うためには、一般的に年2回まで設定できるボーナス月や、増額積立設定などを活用することにより使い切れます。

例えば、基本積立部分で毎月3万円(年間36万円)、夏と冬のボーナス月にそれぞれ2万円を積み立てる設定にすると、年間40万円がちょうど積み立てられます。

年間40万円を20年間積み立てた場合、積立総額は800万円です。仮に年率5.0%(毎月複利)で運用できたとすると、運用総額は1,370万1,122円にもなります。

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

上限を超えた分は課税対象になるので注意

積立NISAでは、原則として年間40万円の非課税投資枠を超える注文(積立設定)はできません

ところが、分配金を再投資する設定をしていて、分配金をNISA口座で再投資すると40万円の枠を超えてしまうとき、課税口座で買い付けることになります。

分配金再投資型のつみたてNISA保有銘柄から生じた分配金については、自動的につみたてNISAへの再投資買付が行われます。ただし、分配金発生年の買付代金の累計金額とその年の12月までの積立予定金額の合計金額が、つみたてNISAでの年間積立可能金額の上限(40万円)を超過している場合は、課税口座での再投資買付となります。

引用元:楽天証券「つみたてNISA(積立NISA)取引ルール」

分配金受取方法をNISA再投資に設定されている場合、分配金の再投資は、非課税投資枠がある場合にはNISAの非課税投資枠を使用します。非課税投資枠を超えた分配金の再投資はNISAの対象とはならず課税扱いとなります。

引用元:SBI証券「投資信託の収益分配金に関するご説明」

積立設定で年間40万円を超えることはほとんどありませんが、いくらになるか不確実な分配金によって、年間40万円を超えて課税対象になる可能性があるのです。

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

毎月100円でも始められる!少額積立のメリット・デメリット

235884

毎月100円からでも始められる積立NISA。ここでは、積立NISAで始められる少額積立のメリット・デメリットを紹介します。

毎月100円から始める少額積立のメリット
  • 投資経験を積める
  • リスクが小さい
毎月100円から始める少額積立のデメリット
  • リターンも小さくなる

投資経験を積める

まずメリットとして挙げられるのは、毎月100円という少額で投資経験を積めるという点です。毎月1万円の投資は難しくても、毎月100円なら多くの人が投資を始められるでしょう。

「勉強してから投資を始める」のではなく、「実際に投資をしながら投資を学ぶ」ことができます。

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

リスクが小さい

少額投資は、リスクが小さいメリットがあります。もちろん、投資信託の価格変動リスク自体がなくなるわけではありません

同じ価格変動であっても、1万円投資するより100円投資するほうが損失額を抑えられるということです。

例えば、投資信託の値段(基準価額)が1万円から9,000円に下落(10%下落)したときを考えます。1万円投資したなら1,000円、100円投資したなら10円の損失(未確定損失)です。

このように、少額投資なら価格変動リスクによる実際の損失額を抑えられます。よって、少額投資では資金を大きく減らしてしまうリスクを抑えた投資が可能です。

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

リターンも小さくなる

少額投資はリスクを抑えて投資経験を積めることがメリットですが、その反面、得られるリターンも小さくなるデメリットがあります。

先ほど紹介したとおり、損益の大きさは投資額の大きさに比例します。仮に基準価額が1ヵ月で10%上昇したとしても、100円投資なら利益は10円にしかなりません。

損益額が小さいことから、投資を始められても、あまり勉強にならないという弊害が起こることもあります。例えば、投資信託選びや運用損益の確認がおろそかになることもあるでしょう。

そのため、少額投資はあくまでも投資の入り口として認識し、投資を学ぶ姿勢を崩さないことが重要です。

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

毎月上限の3万3,333円を積み立てるメリット・デメリット

235886

積立NISAでの毎月の投資額上限、3万3,333円を積み立てるメリット・デメリットは次のとおりです。

毎月上限の3万3,333円を積み立てるメリット
  • 非課税枠を最大限活用できる
  • 複利によるリターンが大きくなる
毎月上限の3万3,333円を積み立てるデメリット
  • リスクも大きくなってしまう

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

非課税枠を最大限活用できる

まず挙げられるのが、積立NISAの非課税枠である年間40万円を最大限に活用できることです。投資をするうえでは、本来、運用益の約20%を税金として負担しなければなりません。

つまり、年間40万円の非課税枠を最大限に活用することで、本来負担するはずであった税額の節税効果も高くなります

仮に運用益が1万円なら約2,000円、10万円なら約2万円、100万円なら約20万円というように、節税額も高くなるのです。

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

複利によるリターンが大きくなる

積立額を増やすことで、複利によるリターンの増加も見込めます。そもそも複利効果とは、利益にも利益が付く効果のことです。

仮に1ヵ月ごとに10%増える投資があれば、最初の投資額は1ヵ月で1.1倍になり、2ヵ月後には1.1倍をベースとしてさらに1.1倍(1.21倍)、3ヵ月後には1.21×1.1倍(1.331倍)と増えていきます。

積立投資の場合はもう少し計算が複雑になりますが、いずれにしても、最初の投資額や積立額が大きいほど将来の運用資産額は複利効果によって増えているはずです。

積立NISAにおいては、毎月3万3,333円を積み立てることで複利効果を最大化できます。

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

リスクも大きくなってしまう

毎月3万3,333円の積立は、複利効果や節税効果を最大化するメリットがありますが、その分だけリスクが大きくなってしまうデメリットがあります。

基準価額が10%下落したとき、運用資産が大きいほどその影響は大きいです。そのため、積立額を大きくすることは、リスクにさらされる資産の額も大きくなることを十分に認識しておくべきでしょう。

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

いくら積立するべき?最適な投資額の決め方

235887

積立NISAでの毎月の積立額は、小さくても大きくてもそれぞれメリットやデメリットがあることを紹介してきました。では、いったい積立額はいくらにすると良いのでしょうか。

最適な投資額の決め方
・初心者なら少額で始めよう
・家計と相談しよう
・余剰資金が十分なら上限額を積立しよう
・金融庁のシミュレーションツールを活用しよう

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

初心者なら少額で始めよう

投資経験の浅い初心者の場合は、まずは少額から始めることをおすすめします。積立NISAの口座を開設して取引を開始することはそこまで難しいことではありませんが、資産を守ったり、増やしたりすることは簡単ではありません

投資信託とはどのようなものか、なぜ価格が変動するのかなどの仕組みを把握できないまま高額を投じるのは避けましょう。

ただし、「投資信託の仕組みを学んでから投資を始めよう」「まずは商品の特徴を理解してから」と考えていると、投資タイミングが遅れてしまったり、あるいは勉強する気が起きずにそのまま投資を始められない場合もあります。そのため、まずは投資の勉強も兼ねて少額から投資をしてみることがおすすめです。少額とはいえ、投資していると勉強するモチベーションがわくはずです。

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

家計と相談しよう

投資経験だけでなく、積立額は家計と相談しながら決めましょう。家計収支(キャッシュフロー)に余裕がある場合や貯蓄(ストック)が十分にある場合は問題ありませんが、積立額を無理に設定してしまうと、生活を圧迫してしまうことがあります。

大前提として、投資は余剰資金で行うものです。つまり、なくなってしまっても生活には困らないお金で投資をします。

そのため、例えば毎月の家計収支(キャッシュフロー)に5万円の余裕がある場合、そのうち3万円を積立NISA(リスク資産)に、残り2万円を預貯金(無リスク資産)として運用するというように配分しましょう。

また、一般的には不測の事態に備えた生活防衛資金として、生活費の3~6ヵ月分の貯蓄(ストック)が必要といわれています。例えば、生活費が30万円なら少なくとも90万円の貯蓄を残すということです。

独立ならば、3年程度、働きながらならば3か月から半年程度が生活防衛資金として目安になるかと思います。人によりますけどね。

引用元:金融庁「本音が飛び出す! つみたてNISA座談会(第2回)」

ただ、生活防衛資金についてはあくまでも目安です。積立NISAで取得した投資信託はリスク資産ではありますが、突然価値がゼロになることはほとんどありません

積立NISAで運用している投資信託は、換金しようと思えば4営業日ほどで換金できます。この点も考慮して積立額を決めると良いでしょう。

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

余剰資金が十分なら上限額を積立しよう

もし余剰資金が十分にあるのなら、積立NISAにおける上限額(年間40万円)まで積み立てることをおすすめします。

つまり、非課税による節税効果と投資信託運用による複利効果を最大限に活用することがおすすめです。

上記でも解説しましたが、年間40万円を20年間積み立てて仮に年率5.0%(毎月複利)で運用できたとすると、運用総額は約1,370万円にもなります。

20年後にすべて換金したとき運用益は約570万円(実際の所得計算とは異なる場合があります)なので、570万円に対して申告分離課税の税率20%(所得税15%と住民税5%)を乗じた額、つまり114万円が税金の目安です。

積立NISAならこの114万円を負担する必要がないため、非常にお得な制度といえるでしょう。

なお、毎月3万3,333円だと年間39万9,996円となり4円余らせてしまいます。これも前述したとおり、ボーナス月の増額設定などを使って年間40万円を使い切るのも1つの手です。

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

金融庁のシミュレーションツールを活用しよう

金融庁は、NISA特設ウェブサイトのなかで資産運用シミュレーションができるページを公開しています。このシミュレーションツールでは次のような計算が可能です。

金融庁のシミュレーションツールでできること
・毎月3万円を20年間積み立てると、20年後にはいくらになっているか
・20年後に1,000万円の資産を得るためには毎月いくらの積立額が必要か
・毎月3万円の積立額で1,000万円を目指すなら、どのくらいの積立期間が必要か

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする ## 積立NISAの平均積立額は?
235888

積立NISAの積立額の決め方などを紹介してきましたが、実際に積立NISAを活用している人は、積立額をいくらに設定しているのでしょうか。

金融庁が公表している「NISA・ジュニアNISA利用状況調査」によると、2021年12月末時点の速報値では、積立NISAの口座数518万1,403口座に対し、買付額は1兆5,646億5,343万円でした。

計算期間中の口座数増減があるためあくまでも参考程度の概算値ですが、単純に1口座あたり年間30.2万円(月額2.52万円)ほど買い付けている計算になります。

日本証券業協会(JSDA)による調査によると、積立NISAの稼働口座数(2018年以降の投資利用枠で買付があった口座)227万7,097口座に対して、各年投資枠での買付額は約5,768億5,622万円でした。

こちらも概算ですが1口座あたり年間25.33万円(月額2.11万円)ほど買い付けている計算です。

なお、日本証券業協会による調査は積立NISAの取扱金融機関全体ではなく会員証券会社を対象とした調査なので、金融庁の調査範囲より狭くなっています。

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

貯金とのバランスはどうするべき?

235889

貯金も資産運用の手段の1つです。

近年は低金利が続いている影響で預貯金を資産運用の1つとして認識している人は少ないかもしれません。しかし過去には、定期預金金利が例えば3.5%を超えていることもありました。

あえてリスクを負ってまで、株式や投資信託などのリスク資産で運用する必要性が薄かったのです。もっとも、資産価格上昇の期待度が高まれば、高金利下でもリスク資産に資金が流入します。

しかし、近年は低金利傾向にあるため、預貯金に置いていてもお金を増やすことは難しいです。

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

貯金と投資で賢く資産運用しよう

預貯金だけでお金を増やすのは難しいので、増やすことを考えるのであれば、リスク資産の運用(投資)を考えてみましょう

そのときの貯金と投資のバランスについては、前述したとおり投資経験や家計状況に応じて、個別に検討することになります。

仮に毎月5万円を貯蓄に回せる家計状況であり、10年後に子どもの大学費用(教育資金)として500万円を備えておきたいという状況を考えてみましょう。

大学費用は奨学金やローンの利用をしない前提であれば不足が許されません。そのため、これは安全資産といえる預貯金で運用しておくべきでしょう。すると残り8,000円は、投資しても良い金額だといえます。

このように、貯金と投資のバランスは投資経験や家計状況を総合的に勘案して判断するようにしましょう。

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする

まとめ

積立NISAは年間40万円まで投資でき、その年から20年間非課税で運用できる制度です。毎月100円から3万3,333円の間で基本積立額を設定できます。

当記事では、最適な積立額の決め方なども紹介しましたので、ぜひ参考にしながら投資経験や家計状況に合った投資額を決めてみてください。

\取扱国数は主要ネット証券No.1/

SBI証券で口座開設をする