imasia_9725511_S
(写真=PIXTA)

米経済専門誌・フォーブスでは、外部の調査機関がまとめた「全米で評判のいい企業」2015年版を発表。このレピュテーション(評価)サーベイは米ニューヨークとデンパーク・コペンハーゲンに拠点をおく創業18年のレピュテーション・インスチチュート社の継続調査によるもので、独自のベンチマークにより顧客視点での企業評価を行い、スコアを計算してランキングしているものだ。

日本人にとってはいまひとつその評価ポイントがわからないブランドも含まれているが、米国内では消費者から高い評価を得ている部分が鮮明にあり、フォーブス誌が独自に行っているブランドバリューサーベイに比べるとかなり異なるランキングとなっている。上位25位までは以下のとおりだ。

25位:ティファニー RepTrak Pulse Score: 77.85
日本でも有名な宝飾品ブランド

24位:アンダーアーマー RepTrak Pulse Score:  77.89
スポーツ用品メーカー

23位:. ハズブロ RepTrak Pulse Score: 78
マテルと競い合う世界規模の玩具メーカー

22位:. タッパーウエア RepTrak Pulse Score: 78.08
プラスチック容器が有名なキッチン用品メーカー

21位:ホールフーズ RepTrak Pulse Score: 78.15
テキサス州を本拠とする

20位:パブリックス スーパーマーケット RepTrak Pulse Score: 78.36
フロリダ州に本社を置くスーパーマーケットチェーン

19位:ダンキンドーナッツ RepTrak Pulse Score: 78.44
おなじみのドーナツチェーン

18位:3M(スリーエム) RepTrak Pulse Score: 78.44
ミネソタに本社を置く世界的化学企業

17位:フェデックス RepTrak Pulse Score: 78.82
全米最大の国際輸送サービス

16位:. クラフトフーズ RepTrak Pulse Score: 79.01
今年ハインツとの合併で話題となった米国大手食品メーカー

15位:ネットフリックス RepTrak Pulse Score: 79.05
オンラインDVDレンタル、映像ストリーミング配信事業会社

14位:ウォルト・ディズニー・カンパニー RepTrak Pulse Score: 79.24
ディズニーの総本山

13位:BMW RepTrak Pulse Score: 79.29
ドイツの高級自動車メーカー

12位:クロロックス RepTrak Pulse Score: 79.30
クリーニング用品メーカー

11位:.ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS) RepTrak Pulse Score: 79.63
米国を代表する国際貨物運送会社

10位:ブリッグス&ストラットン RepTrak Pulse Score: 79.89
エンジン、芝刈機の輸入・販売会社

9位:パネラ・ブレッド RepTrak Pulse Score: 80
米国、カナダを中心に展開するファーストフードチェーン

8位:ザ・ハーシー・カンパニー RepTrak Pulse Score: 80
チョコレートメーカー

7位:スナップオン RepTrak Pulse Score: 80.09
大手工具メーカー

6位:リーバイ・ストラウス RepTrak Pulse Score: 80.25
ジーンズで有名なアパレルメーカー

5位:キャンベル・スープ・カンパニー RepTrak Pulse Score: 80.29
スープ缶で有名な食品製造会社メーカー

4位:フルーツ・オブ・ザ・ルーム RepTrak Pulse Score: 81.23
1871年創業の世界有数の米国アパレル・アンダーウェアメーカー。

3位:レゴ RepTrak Pulse Score: 81.49
デンマークの玩具会社

2位:ケロッグ RepTrak Pulse Score:  81.50
コーンフレークで有名な食品メーカー

1位.:アマゾン・ドット・コム RepTrak Pulse Score: 84.08
全米最大のネット通販会社

全体的に小売業を中心とした、個人消費と大きく関係があって顧客対応の良否が影響をおよぼすような企業がランキングされている。

今年はアマゾンが1位に返り咲いており、顧客の評価が高まっていることがわかる。日本でもアマゾンは大躍進を遂げているが、全米ではその比ではないぐらい、ネットのリテールビジネス領域で巨大な存在となり、顧客からの評価も圧倒的なことを示している。

顧客とのリレーションシップマネジメントに長けた会社が上位を占めているが、米国ローカルのリテール企業も何社かランキングされており、米独自の企業観も織り込まれていることをうかがわせる。

グローバルブランドでも日本では「?」と思う企業が上位に入っていたりもして、やはりその国でないと理解できないレピュテーション(評価)があることも感じさせられる。

自動車ではなぜかBMWだけが高い評価を受けており、日本メーカーは昨今、全米でかなり売り上げを伸ばしているが、ランキングには1社も登場していない。

この評価ランキングには企業のどういうところに大きな評価が集まっているのかの説明が開示されていないため、詳細は不明であるが、その評価が毎年上下することだけは間違いないようだ。とくに全米では、顧客の企業に対する評価視点は、日本人が想像するよりも厳しいものであることが、今回のランキングからも推測できる。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ビジネスパーソンが選ぶ働きたい企業はココだ! 最新の「転職人気企業ランキング」
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
年金情報流出!あなたの情報を守る「予防医療」とは?
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る