岡三オンライン証券の一般NISA

岡三オンライン証券の一般NISAは国内上場株式とIPOの取扱銘柄数が充実

岡三オンライン証券のNISAにおける取扱商品は、国内上場株式(ETF、REIT、ETN、単元未満株を含む)と公募株式投資信託(分配金再投資型のみが対象)です。国内上場株式は幅広くカバーしている一方で、投資信託は約6,000本あるうちの658本と、他の大手証券会社と比べると少なめです(2022年8月22日時点)。

また、岡三オンライン証券のNISA口座ではIPO株式の購入申し込みが可能です。岡三オンライン証券はIPO取引の申込金がかからない上、IPOの取扱銘柄数も多いため、一般NISAで積極的にIPO取引へ申し込みたい方には重宝するでしょう。

なお、一般NISAでは外国株を取り扱っていません。岡三オンライン証券は中国株を取り扱っていますが、一般NISAで投資できるのは国内上場株式のみです。米国株や新興国株などの銘柄にも投資できない点には注意しましょう。

手数料については、一般NISA口座における投資信託の購入時手数料が無料です。投資信託は購入時以外にもコストがかかる商品のため、購入時手数料がかからない点はうれしいポイントといえるでしょう。

取扱銘柄数

岡三オンライン証券の一般NISAの取扱銘柄は少なめ

岡三オンライン証券の一般NISAの取扱銘柄は、現物取引と投資信託の取扱商品に準じる次の商品です。

国内上場株式(ETF、REIT、ETN、単元未満株を含む)

公募株式投資信託(分配金再投資型のみが対象)

岡三オンライン証券は、国内の上場株式は幅広くカバーしていますが、一方で投資信託の銘柄数は約6,000本あるうちの658本と、他の大手証券会社と比べて少なめです(2022年8月22日時点)。また、外国株式も取り扱っていません。そのため、より多くの選択肢から自分に合う銘柄を選んで一般NISAを運用したい方には、岡三オンライン証券は不向きである可能性もあるでしょう。

国内株

岡三オンライン証券では国内上場株式を幅広くカバー

岡三オンライン証券は、東証(プライム、スタンダード、グロース、ベンチャーファンド)、名証(プレミア、メイン、ネクスト)、福証(Q-Board含む)、札証(アンビシャス含む)の国内株式を取り扱っています。また、ETF(上場投資信託)、ETN(上場投資証券)、REIT(不動産投資信託)、ベンチャーファンド、新株予約権証券も取引することができます。

岡三オンライン証券の一般NISAでは、これらの国内株式のうち、上場企業の銘柄に投資することが可能です。カバーしている国内株式が多い分、一般NISAで選べる商品も充実しているといえるでしょう。

外国株

岡三オンライン証券の一般NISAは外国株を取り扱っていない

岡三オンライン証券の一般NISAでは、外国株に投資することはできません。岡三オンライン証券は外国株として中国株を取り扱っていますが、一般NISAで投資できるのは国内の上場株式のみとなります。米国株や新興国株などの銘柄も投資することはできないため注意が必要です。

投資信託

岡三オンライン証券の一般NISAの投資信託の銘柄数は少なめ

岡三オンライン証券の投資信託の取扱銘柄数は658本です(2022年8月22日時点)。投資信託の銘柄は全体で約6,000本あり、他の大手証券会社の中には2,500本を超える投資信託の銘柄を取り扱っているところもあります。こうした証券会社と比べると、岡三オンライン証券の投資信託の取扱銘柄数は少なく、一般NISAにおける投資信託の選択肢も限られるといえるでしょう。

一般NISAで、より豊富な選択肢から自分の投資先を見つけたいという場合は、他の取扱商品が豊富な証券会社も視野に入れることをおすすめします。

IPO対応

岡三オンライン証券の一般NISAはIPOにも対応

岡三オンライン証券では、NISA口座でIPO株式の購入申し込みも可能です。岡三オンライン証券のIPO取引は、申込金がかからない点が魅力です。

また、2022年における岡三オンライン証券のIPOの取扱銘柄数は、20本(2022年8月22日時点)、2021年は49本、2020年は45本と、業界でもトップクラスの取扱銘柄数です。そのため、一般NISAで積極的にIPOに申し込みたい方にとって重宝するでしょう。

手数料

岡三オンライン証券の一般NISAは投資信託の購入時手数料無料

岡三オンラインの一般NISAでは、投資信託の購入時手数料が無料です。他社では購入時手数料がかかる投資信託商品と同じ商品を購入したとしても、岡三オンライン証券なら購入時手数料はかかりません。

投資信託取引では、投資信託の保有中にかかる信託報酬や、解約時に徴収される信託財産留保額などもかかります。そのため、販売会社のWebサイトや目論見書などでトータルコストをチェックした上で購入を検討する必要があります。岡三オンライン証券なら購入時手数料がかからない分、投資信託にかかるコストを抑えながら運用することができるでしょう。

今、読まれている記事