貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの財務諸表が読めるということはデキるビジネスパーソンの条件である。しかしこれら財務諸表は一般的には複雑なイメージがあり、正直よくわからないという方も多いだろう。

決算書には必須の書類

財務諸表,BS/PL,
(写真=PIXTA)

上場企業などが決算の際に発表するのが貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの財務諸表である。この財務諸表を読み解くことで、利害関係者はその企業の経営状況を把握することができるのだ。

財務諸表は日本独自の制度ではない。日本だけでなく海外でも、基準などで多少の違いはあるが財務諸表は作成されており、海外の投資家などもこれら財務諸表を参考にして企業の経営状況を読み解いているのである。日本企業の中でも国際的な会計基準に基づいた決算発表を行なう企業が徐々に増えてきている。

上場企業でなくとも財務諸表は活用されており、これらを読めるようになるという事はその企業の経営状況を理解できるということである。貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などが読めないということは企業の経営状況の良し悪しが全く自分では理解できないという事になってしまう為、ぜひとも基本ぐらいは読めるようになりたいところだ。

貸借対照表は、ある時点における企業の財政状態を表している一覧表

それでは貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書それぞれについて簡単に説明したいと思う。

まず貸借対照表とは、ある時点における企業の財政状態を表している一覧表の事である。貸借対照表は企業の資産に対して負債、資本を対照に表示することによって、企業の財務状態をわかりやすく表すものである。

もっと簡単に説明すると、ある一時点で企業が保有している資産が貸借対照表の左側に記載してあり、右側にはどうやってその資産を集めたのか(借金などの場合は負債、企業の利益や投資家から集めたお金は資本)が書かれている。企業が持っている資産はどういったものがどれだけで、それらをどうやって集めたかということが表されているのだ。貸借対照表をすることで、企業の安全性や手元流動性等様々な事柄を判断することができる。

損益計算書は一定期間の企業の収入と支出を対応表示したもの

貸借対照表がある一時点での企業の財政状態を表すものであったが、損益計算書は一時点ではなく、一定期間の企業の収入と支出を対応表示したものだ。もっと簡単に説明すると一定期間で企業がどれだけ儲けたかということが書かれている。一定期間の収入と支出とを対応表示させることで、その期間の企業の経営成績を分かりやすく表している。

キャッシュフロー計算書は一定期間の現金や現金同等物の収支を表すもの

キャッシュフロー計算書とは一定期間の現金や現金同等物の収支を表すものである。ここでポイントとなるのは「現金や現金同等物」についての収支を表すという点だ。現金同等物とは一般的に取得日から短期的な投資等とされ、3カ月以内に満期日や償還日を迎えるものであり、短期間のうちに現金に成り得るものだ。

つまりキャッシュフロー計算書をもっと簡単に説明すると、土地や建物などの資産ではなく、あくまで企業の「現金」のみの収支を表したものであると考えると分かりやすい(現金同等物は含まれるが)。

実際のキャッシュフロー計算書は営業活動によるキャッシュフローと投資活動によるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフローに分かれている。営業キャッシュフローは企業の本業の収支を表し、投資活動によるキャッシュフローは企業が将来利益を得ることや、資金運用をするために支出した金額や回収した金額の合計を表す。財務活動によるキャッシュフローは営業活動によるキャッシュフローと投資活動によるキャッシュフローそれぞれの活動を維持するための資金の調達・返済について表されている。

どう活用すればいいのか?

貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書を読み解くことによってそれぞれ別の視点から企業の経営状況を見ることができる。これらを個別にそれぞれ見ていくのも良いが、財務諸表を総合的に読むことも重要となる。

企業の活動を大きく分けると資金調達、投資活動、営業活動の3つだ。これらの状況が財務諸表を総合的に読むと見えてくる。

資金調達については貸借対照表では負債と資本の部、キャッシュフロー計算書では財務活動によるキャッシュフローによって示されている。投資活動については貸借対照表では資産の部、キャッシュフロー計算書では投資活動によるキャッシュフローによって示されている。営業活動については損益計算書全体やキャッシュフロー計算書の営業活動によるキャッシュフローによって示されている。これらを総合的に見ることによって、企業の活動の全貌が明らかになるのだ。

財務諸表を読むことができるようになるにはそれぞれを個別に見ることができるようになり、なおかつ、それぞれを総合的に分析できるようになる必要がある。ぜひデキるビジネスパーソンを目指して、財務諸表を読み解く力をつけていただきたい。(右田創一朗、元証券マンのフリーライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)